自省録

<   2015年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧




2015/5/4 徳田酒店

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  111.5km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 24℃、最低 19℃
【コメント】
少し前ですが、4月29日の飛鳥ランの後、徳田酒店で看板メニューを堪能

煮込みホルモン大
b0217643_17452196.jpg


ミックスホルモン徳田焼
b0217643_17462513.jpg


徳田盛り(ウニ付き)ハーフ
b0217643_17474691.jpg


じゃこ天
b0217643_1748158.jpg


イカリング
b0217643_17505672.jpg


揚げ豆腐
b0217643_17513999.jpg


漬け込みハラミ
b0217643_1752912.jpg


レバカツ
b0217643_17524957.jpg


出汁巻
b0217643_17532462.jpg


枝豆
b0217643_17541677.jpg


するめ天
b0217643_17543657.jpg


b0217643_17563263.jpg


ごちそうさま
b0217643_17565224.jpg


[PR]



by totsutaki2 | 2015-05-04 18:05 | 料理

2015/5/3 上方日本酒ワールド


【コメント】
大阪天満宮で開催中の上方日本酒ワールド。
昨日の京街道ランのあと飲み過ぎて、今朝のランニング中に気分が悪くなったが、
1時間河原で寝て復活。
b0217643_23325231.jpg


まだ午前中だがかなりの混雑。
b0217643_23334743.jpg


b0217643_2334349.jpg


飲んでいるのは 和歌山 高垣酒造の 龍神丸 純米吟醸生原酒。
高垣酒造は全生産量200石程度の非常に小さな蔵元。
龍神丸は大手が使用している3000Kg仕込みの「6分の1」の500kg仕込。
すっきりとして美味しい。
b0217643_2341455.jpg


b0217643_23415797.jpg


その他にも知らない全国の酒が沢山あったが、
体調が不十分なため、片野桜の山野社長、秋鹿の奥社長とお酒を飲みながら
話をして帰った。

山野酒造「片野桜 純米 話したいことがある」

日本酒度    -2
酸度      2.7
山田錦/五百万石 使用
精米歩合    70%
アルコール分  17~18度

多麹(麹の量を通常の清酒の二倍以上使用)の古酒(三年以上熟成)だが、
古酒らしくなく、飲みやすい
 「常識的な仕込みを敢えて変化させ
  強い酸味による押し味と、濃醇なコク
  が特徴です。三年以上熟成させた後
  原酒のまま瓶詰めしました。変わっ
  たネーミングですが、このお酒が飲
  み手の皆様に何かを語りかけること
  が出来ればと願っています。」
b0217643_23433341.jpg


大辛口 秋鹿 純米吟醸 無濾過 生原酒
秋鹿では醸造アルコールの添加は完全に廃止されている

山田錦60%精白 
酒度+11 
酸度2.7 
アミノ酸1.0 
アルコール17度 
b0217643_23434435.jpg


[PR]



by totsutaki2 | 2015-05-03 23:28 |

2015/5/2 京街道ランニング

【走った距離】  19.8km
【今月の累積距離】  82.5km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 29℃、最低 21℃
【体重】  63.7kg
【コース】
自宅~大阪天満宮
【コメント】
昨日は京街道ランニング。
Oさんと朝6:50に大津を出発し、蓮如上人、太閤秀吉、大石内蔵助、
新撰組の足跡をたどり、京街道の起点の大阪高麗橋を目指す。
4年前の夏休みに走った時には、大津~枚方、枚方~高麗橋の2回に分けた。
b0217643_20373924.jpg


大津

浜大津から比叡山を望む
b0217643_20375543.jpg


京 大坂、江戸 大津
蓮如上人御旅所(宿泊所)
b0217643_20381261.jpg


関蝉丸神社
逢坂山に住んだ平安時代の歌人 蝉丸を祀る
b0217643_20382684.jpg


逢坂関
これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 蝉丸
夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ 清少納言
b0217643_20384458.jpg


追分

元祖走井餅本家
追分は、かつて、京の都の玄関口として、東海道をゆく旅人で賑わった。
この付近には、清らかな水が勢いよくあふれ出す井戸があり、
その様から『走井(はしりい)』と呼ばれた。
江戸時代になると茶店が建ち並び、そこで売られた『走り井』の甘露でついた餅菓子は、
『走り井餅』と呼ばれた。
b0217643_2039435.jpg


山科

ローソンアイスコーヒーで寛ぐ
4年前に比べると少ないが、昨日も1日で2L以上飲んだ。
b0217643_20391824.jpg


伏見

藤森神社
駆馬や菖蒲→尚武・勝負の連想、日本武尊など多くの武神が祀られていること、
大日本帝国陸軍第十六師団があったことから、馬と武運の神社として信仰を集める。
b0217643_20393233.jpg


現在も馬と勝負事の神社として知られており、競走馬の絵馬が奉納されている。
b0217643_20394375.jpg


橦木町廓(しゅもくちょうくるわ)入口
大石内蔵助が遊興した
島原の流れを汲む由緒ある遊郭として江戸・元禄時代に全盛期を迎えた。
b0217643_20402182.jpg


b0217643_20403664.jpg


大手筋商店街
b0217643_20405269.jpg


鳥せい
b0217643_2041565.jpg




戊辰役東軍戦死者埋骨地
戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見戦で戦死した東軍(幕府軍)の埋骨地。
b0217643_20411776.jpg


淀駅のヒラドツツジが満開
b0217643_20412970.jpg


與杼神社(よどじんじゃ)
b0217643_2041432.jpg


b0217643_20415838.jpg


淀屋ゆかりの灯篭
b0217643_2042994.jpg


唐人雁木
「唐人」とは朝鮮通信使。通信使は,対馬から瀬戸内海を経て大坂へ着き,
大坂から川船に乗りかえ淀川をのぼり,淀城下で上陸し,
京都,さらに東海道を江戸へ向かった。
b0217643_20422094.jpg


ガリガリ君休憩。マンゴー味。
b0217643_20422994.jpg


淀らしい看板
b0217643_2042428.jpg


背割堤は夏の装い
b0217643_20425245.jpg


橋本

右 八まん
b0217643_2043926.jpg


遊廓跡
b0217643_20432841.jpg


楠葉台場跡
京都守護職 会津藩主松平容保は外国船が淀川をさかのぼって
京都に攻め込んでこないように淀川の両岸に台場を建築することを建白し、
勝海舟が奉行となって建設を始めた。
京街道を付け替えて台場の中を通るようにした。
実際には長州藩などの反幕府側の人物や過激派を京に入れさせないための要塞だった。
今は宅地造成中
b0217643_20434325.jpg


樟葉
スタートから34km地点
マクドナルドで昼食 チーズクオーターパウンダー
b0217643_20435533.jpg


牧野

八幡宮の道標
b0217643_2044624.jpg


枚方

宗左の辻
東海道と磐船街道の追分(分岐点)。
油屋の角野宗左の前に有った事から宗左の辻と呼ばれた。
b0217643_20441758.jpg


スタートから41.5km 今年初めての枚方凍氷。
b0217643_20442751.jpg


鍵屋資料館
江戸時代に淀川水運で栄えた船宿。
「ここはどこじゃと船頭衆に問えば、ここは枚方鍵屋浦、鍵屋浦には碇はいらぬ、
三味や太鼓で船止める」と淀川三十石船歌に歌われた。
b0217643_20444329.jpg


光善寺
戦乱の越前吉崎から枚方に布教に訪れた61才の蓮如上人が
淀川河畔に立てた草庵が後に光善寺として建立された。
b0217643_20445563.jpg


蓮如上人の腰掛石
b0217643_20454556.jpg


守口

難宗寺
蓮如上人は吉崎御坊から河内国茨田郡中振郷出口に移り、
坊舎に引き入れた水路から淀川を利用し、河内、大 和、和泉、摂津を布教した。
守口へは堺への途中立ち寄り、 真宗の教えを説いた。
b0217643_2046210.jpg


難宗寺の大イチョウ
b0217643_20461496.jpg


文禄堤
文禄年間に豊臣秀吉が諸大名に命じて建設した淀川左岸の堤防道。
枚方市から長柄まで全長約27km続く
堤防の上は大阪と京都を結ぶ京街道となった。
b0217643_20463290.jpg


千林商店街
b0217643_20464368.jpg


b0217643_2047774.jpg


スタートから57.5km
森小路。2回目のガリガリ君 元気ドリンク味。
b0217643_20472173.jpg


京橋中央商店街
b0217643_20473645.jpg


京街道のゴール 高麗橋に到着。
今回は1日で完走。
b0217643_20475843.jpg


スタートから62.8km。
b0217643_20481075.jpg


京橋の白玉温泉で汗を流す
b0217643_20482047.jpg


打ち上げは京橋の近江牛ホルモン 二代目次郎
b0217643_20483331.jpg


ホルモン8種盛り
b0217643_2048495.jpg


コース
b0217643_20491042.jpg


[PR]



by totsutaki2 | 2015-05-02 22:30 | ランニング

2015/4/30 飛鳥ランニング

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  338.28km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 26℃、最低 19℃
【体重】  65.8kg
【コメント】
昨日は飛鳥を観光ランニング

まずスタートは大神神社
b0217643_2234378.jpg


大神神社に奉納された樽酒の中に山崎のモルトバレルがあるのが面白い
b0217643_22374743.jpg


安倍文殊院の手前にある土舞台
「日本書紀」推古20年(西暦612年)に百済の人、味摩之(みまし)が
呉で「伎楽舞(くれのうたまい)」を学び、これを聖徳太子がご覧になって、
この地で少年を集めて習わしめた。
日本芸能発祥の地
b0217643_22431732.jpg


安倍文殊院
大化の改新で左大臣に登用された安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)の氏寺
陰陽師・安倍晴明が陰陽道の修行をした。
2010年には、安倍氏と関わりがあるとされる安倍晋三が
「第90代内閣総理大臣 安倍晋三」名義で石塔を寄進
b0217643_22475294.jpg


文殊院西古墳(特別史跡)
本堂近くにある7世紀中頃の古墳
豪族安倍氏一族の墓
石舞台、高松塚古墳、キトラ古墳などのビッグネームとともに
特別史跡に選定されている
b0217643_22565943.jpg


石室内部
横穴式石室が露出しており、切石造石室の代表的なものとされている
切石が美しく、大化の改新の時代に作られたとは思えない
特別史跡たるゆえん
b0217643_22571594.jpg


談山神社の参道の地蔵
表情が素晴らしい
b0217643_2259325.jpg


酒蔵 談山正宗
b0217643_22592187.jpg


芍薬が美しい
b0217643_2322788.jpg


b0217643_2324218.jpg


談山神社
藤原氏の祖である中臣鎌足の墓を阿武山古墳から移し、
十三重塔を造立したのが発祥
談山の名の由来は、中臣鎌足と中大兄皇子が、大化の改新の談合を
この多武峰で行ったため、「談い山(かたらいやま)」「談所ヶ森」と呼ばれたことに由る
平安時代には藤原氏の繁栄と共に発展した
この日は蹴鞠奉納があった
中大兄皇子が鞠を打った際に皇子が落とした履を中臣鎌足が拾ったことをきっかけに
親しくなった(日本書紀)。
b0217643_2320954.jpg


談山神社は紅葉が有名だが、新緑も美しい
b0217643_23222036.jpg


談山神社境内にある古代信仰の磐座(いわくら)
このような聖地に談山神社を建立したのだろう
b0217643_2324294.jpg


飛鳥に向かう途中の道標 「左 とうのみね 右 毘沙門天」
このような道標や一里塚が多数残り、往時のにぎわいを偲ばせる
b0217643_23314473.jpg


棚田が美しい
b0217643_23322876.jpg


石舞台古墳
下部は方形で。墳丘の周りに空堀がめぐり、外堤がある
約30の石が積まれ、その総重量は2,300トンに達する
被葬者は蘇我馬子であったとする説が有力
b0217643_23381870.jpg


b0217643_23383633.jpg


b0217643_2339138.jpg


羨道
巨石を積み上げる技術も素晴らしいが、縊死を平らに削る古代人の技術も素晴らしい
尤もコロッセオや水道橋をヨーロッパのいたるところに建造したローマ帝国は
飛鳥時代には滅亡した後ではあるが。
b0217643_23391562.jpg


ランチの黒米カレー
b0217643_23441069.jpg


蘇我入鹿の首塚
蘇我入鹿は石舞台の被葬者とされる蘇我馬子の孫。
聖徳太子の王子、山背大兄王ら上宮王家の人々を自殺に追い込み、
最高権力者としての地位を固めた。しかし中大兄皇子・中臣鎌足らの
乙巳の変(いっしのへん、おっしのへん)によって殺害された。享年35。
b0217643_23445010.jpg


飛鳥寺の伽藍
飛鳥寺は蘇我氏の氏寺で、日本最古の本格寺院である法興寺の後身
開基は蘇我馬子
b0217643_23521217.jpg


高松塚古墳に向かう途中の亀石
b0217643_235783.jpg


高松塚古墳
藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳
b0217643_23584577.jpg


男子群像、青龍と太陽、女子群像、白虎と月、玄武などの壁画が有名
高松塚壁画館 よくできた複製があり、リアルなイメージがつかめる
b0217643_043870.jpg


飛鳥のブランドイチゴ 飛鳥ルビーのソフトクリーム
b0217643_061156.jpg


ゴールは飛鳥駅 25.3km
b0217643_07076.jpg


[PR]



by totsutaki2 | 2015-05-01 00:10 | ランニング

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧