自省録

2016/3/17 チェルノブイリの祈り3

【走った距離】  6.35km
【今月の累積距離】  189.73km
【ペース】 平均 6'16"/km、 最高 6'04"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 19℃、最低 2℃
【体重】  65.2kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
バイアスのかかっていないレポート

今や新聞、TVが信じられない
自分の都合の良い情報を流す
左も右も
ネットで情報を採り、自分で匂いを嗅ぎ分け、
自分の理性、経験、良識、信条に照らし合わせて判断するしかない

このインタビューは信じられそうな気がする
生臭くない


兵士たちの合唱

ぼくは軍人だ。命令されたら、やらねばならない。
あそこに発つ前には恐ろしいと思ったよ、ほんの一時。
ところが、あそこでは恐怖が消えていくんだ。
恐怖が目に見えないんだから。
朝から夜まで飛んだ。作業、垂労働。
夜は、テレビの前にすわった。
ちょうどサッカーのワールドカップをやってたんです。
もちろん、話題はサッカーのことだよ。
 ぼくらは考え込むようになった。
たしか、3年がすぎたころだよ。
ひとり、ふたりと発病したときです。
だれかが死に、気がふれた。自殺者もでた。
それで、考え込むようになったんだ。
ぼくはアフガンに2年いたし、チェルノブイリに3ヶ月いた。
人生でもっとも輝いていた時期なんだ。
 チェルノブイリに送られたことは両親には伏せていた。
弟が、偶然『イズベスチヤ』〔新聞〕を買い、ぼくの写真をみつけて母に見せた。
「ほら見て、兄さんだよ。英雄なんだ!」。
母さんは泣きだしたよ。

                ◇

ぼくは行った。行かなくてもよかったんだが、志願したんです。
家に帰った。
あそこで着ていたものはすっかり脱いで、ダストシュートに投げこんだ。
パイロット帽だけは幼い息子にやったんです。とてもほしがったから。
息子はいつもかぶっていた。
2年後、息子に診断がくだされた。
脳浮腫……このさきはあなたが書いてください。
ぼくはこれ以上話したくない。

                ◇

ぼくはもう死はこわくない、死そのものはね。
しかし、ぼくはどんなになって死ぬんだろう。
友だちは死ぬとき、むくんで腫れた。樽のように大きく。
近所の男はあそこでクレーン操作係だった。
そいつは石炭のようにまっ黒になり、やせこけて子どものように小さくなって死んだ。
ばくはどんなになるんだろうか。わからない。
ひとつだけはっきりしているのは、ぼくにくだされた診断じゃ、
そう長くはもたないってことです。
その瞬間を感じとることができれば、額を撃ち抜くんだが……。
ぼくはアフガンにも行ったんです。あそこならもっと簡単ですよ。撃ち抜くのは。

                ◇

行くべきか、行かざるべきか? 飛ぶべきか、飛ばざるべきか?
ぼくはコミュニストだ、飛ばないわけにはいかなかった。
パイロットが2人拒否した。
妻が若く、子どもがまだいないからといって。
そいつらは軽蔑され、罰せられた。昇級はストップです。
さらに男の裁判。男の名誉が問われる。
いいですか、これは意気込みなんです。
やつはできなかった、だが、おれは行くぞという。
いまはそうは思いません。
9回手術をし、心筋梗塞を2回起こしたあとではね。
あいつらを裁くつもりはないし、あいつらの気持ちもよくわかるんです。
若い連中なんです。
しかし、ぼく自身はやっぱり飛んでいただろう。
ほんとうですよ。やつはできなかった、だが、ぼくは行く。
男の問題なんですよ。
上空から大量の兵器が戦いをいどんでいた。
大型ヘリコプター、中型ヘリコプター。MI-24、これは戦闘用ヘリコプターです。
戦闘用ヘリに乗ってチェルノブイリでなにができるんだろう?
あるいは戦闘機MI-2で? パイロットは若い連中で、全員アフガン帰りでした。
アフガンだけでいいだろ、あそこで戦うだけ戦ってきたんだぜ。
そんな雰囲気がありました。

[PR]



by totsutaki2 | 2016-03-17 22:30 | 読書

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧