自省録

2016/3/13 交野山、国見山

【走った距離】  27.59km
【今月の累積距離】  164.91km
【天気】 曇りのち雨 
【気温】 最高 14℃、最低 5℃
【コース】
自宅~ほしだ園地~くろんど園地~交野山~国見山~郡津
【コメント】
今日は交野山、国見山をランニング
昨日と違って曇り空

まず昨日と同じく ほしだ園地から
ピンクのテープの巻かれているのがナラ枯れで立ち枯れたコナラ
伐採を待っている
キクイムシが媒介する菌によって枯れる
b0217643_20212553.jpg


b0217643_2021412.jpg


伐採されたコナラ
b0217643_20222129.jpg


せせらぎの小路
大好きな下りだが、昨日の疲れが残っていてスピードが出ない
b0217643_2023843.jpg


b0217643_20232082.jpg


ほしだ園地の出口で滝行をしていた
b0217643_20275715.jpg


きさいちカントリーの坂を上って、くろんど園地へ
コーラ休憩
b0217643_20285030.jpg


交野山 三宝荒神
b0217643_20294322.jpg


交野山 観音岩
b0217643_20312441.jpg


国見山から望む交野山
b0217643_2032209.jpg


津田城土塁跡
去年はこんな表示はなかった
今年は旗指物まである
そういえば昨日の信貴山城も看板が新設されていた
これも歴史ブームの影響か
しかし素人が見ても貧弱
これでは天正3年(1575年)に織田信長に攻撃され、
わずか4時間で城は落城したのも肯ける
b0217643_2037862.jpg


草が枯れているので夫婦岩がよく見える
b0217643_20375827.jpg


織物神社(はたものじんじゃ)
神社の名称は飛鳥時代にこの辺りを支配した秦氏を祀った「ハタモノの社」が起源
後に七夕伝説と結び付けられ、「秦」を機織りの「機」に換えて現在の機物神社となった
冬至の日に機物神社の境内から交野山に重ね合わされた日の出が見られる
このために、この場所は特別に神聖視された祭祀の場所となった
祀ができる以前は交野山(岩屋)そのものが、機物神社の御神体であり
広大な地域を有していた
道教的世界観に基づき長岡京が交野山の真北に配置されていた
元亀・天正・文禄・寛文年間には、信長や光秀・秀吉・家康らによって手厚い庇護をうけた
b0217643_20382688.jpg


今日のゴール
b0217643_205022.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2016-03-13 20:52 | ランニング

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧