自省録

2015/6/13 六甲全山縦走

【走った距離】  45.27km
【今月の累積距離】  143.37km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 31℃、最低 24℃
【体重】  63.1kg
【コース】
JR須磨~阪急宝塚
【コメント】
村岡ダブルフルウルトラマラソン対策の第2弾
六甲全山縦走

鉢伏山、旗振山、鉄拐山
栂尾山、横尾山、東山
高取山、丸山
菊水山
鍋蓋山
摩耶山
六甲山最高峰
の7つのグループ分けられる
階段、岩場、やせ尾根、住宅地、ドライブウェイとバラエティに富む

初めてのコースで走りながら道を探すので、迷いやすい
結局4回間違えた

スタートは須磨浦公園駅
私はJR須磨から歩いた
須磨と明石大橋を望む明石は源氏物語で失脚した光源氏が明石の君と結ばれた舞台
一の谷は平家物語で平氏一門が致命的打撃を受け、敦盛が熊谷直実に討たれた古戦場
b0217643_7165495.jpg


この辺り一帯は公園になっている
鉢伏山にはこのような階段を上る
b0217643_718154.jpg


旗振山山頂から明石大橋を望む
天気はいいが、黄砂の影響か視界は良くない
b0217643_719072.jpg


旗振山山頂から神戸方面を望む
b0217643_7205224.jpg


鉄拐山(てっかいさん)から続くおらが山公園 正面がおらが茶屋
b0217643_7243737.jpg


おらが公園からはこのような階段で高倉台に降りる
正面は次に登る栂尾山
b0217643_727958.jpg


高倉台はこのような団地
高倉山を切り崩して開発した
高倉山の土はポートアイランドになった
正面は栂尾山
b0217643_7312428.jpg


栂尾山にはこのようなコンクリートの階段を上る
400階段と呼ばれる
確かに単調な登りで階段を数える以外にすることがない
b0217643_7334731.jpg


栂尾山山頂から今まで登ってきた鉢伏山、旗振山、鉄拐山を振り返る
b0217643_7355265.jpg


横尾山の次は痩せ尾根の馬の背
須磨アルプスと呼ばれる
b0217643_737127.jpg


人がいないので崖を降りそうになった
振り返ると道があった
危ない、危ない
b0217643_7384373.jpg


東山から降りたところは横尾住宅
b0217643_7402598.jpg


1回目の道間違い
手持ちの地図に道がのっていなかった
b0217643_7423360.jpg


高取山山頂から須磨アルプスをを振り返る
b0217643_7462191.jpg


高取山山頂から神戸方面を望む
b0217643_74718100.jpg


2回目の道間違い
長田の方に降りそうになった
b0217643_861364.jpg


丸山から降りたら鵯越(ひよどりごえ)
住宅地も坂がキツイ
b0217643_750120.jpg


鵯越駅
義経は「鹿の通程の道、馬の通わぬ事あるべからず」と鵯越の絶壁を駆け下った
b0217643_8253.jpg


3回目の道間違い
草が伸びて標識が隠れていた
b0217643_83399.jpg


菊水山への登り
このような階段と石段が交互に続くが斜度がキツイ
階段の段差も大きい
先週のダイヤモンドトレイルの疲れか、
足が重い
結局こののぼりが一番きつかった
ロキソニンを1錠飲んだ
b0217643_8111870.jpg


菊水山山頂
生駒と同じく、六甲も山頂にはアンテナが立つ
以前は大角木山という名だったが、昭和10年の楠正成公六百年祭以来、
湊川神社の背景にあるので菊水山と呼ばれるようになった
湊川の戦は楠正成が足利尊氏、直義に敗れ自刃した戦い
源氏物語、平家物語の次は太平記
b0217643_8122051.jpg


菊水山から次の鍋蓋山を望む
b0217643_8204551.jpg


有馬街道に掛る天王吊橋を渡り、鍋蓋山に向かう
b0217643_8215679.jpg


鍋蓋山の登り
もののけ姫のような木の根道
b0217643_82338.jpg


鍋蓋山山頂
b0217643_8235741.jpg


鍋蓋山を降りると布引の滝の上流の市が原
近くの桜茶屋でおにぎりの昼食をとる
b0217643_8252572.jpg


次は摩耶山まで稲妻坂、天狗道の登り
b0217643_8274119.jpg


岩場を登って行く
b0217643_8283686.jpg


摩耶山山頂 掬星(きくせい)台
一番厳しい登りだと覚悟していたので、着いたときはもう着いたのかという印象
ロキソニンが効いたのかもしれない
b0217643_8332978.jpg


摩耶山山頂から六甲アイランド方面を望む
b0217643_8351243.jpg


山頂でコーラ休憩
金剛山も六甲山も山頂で自動販売機があるのがありがたい
b0217643_8362393.jpg


ここからは六甲ドライブウェイを走る
b0217643_8371587.jpg


ガリガリくんがないので白熊キャンディ 藤原商店
b0217643_8375617.jpg


記念碑台(イギリス人貿易商A.H.グルーム像)
この辺りは休憩が多い
b0217643_8395238.jpg


4回目の道間違い
道標がなく、行きすぎてしまった
b0217643_8414100.jpg


神戸ゴルフ倶楽部
グルームによって造られた日本最古のゴルフ場
b0217643_8414732.jpg


六甲最高峰
バイカーが多い
ここまでヒルクライムをするバイカーも大したもの
b0217643_8445468.jpg


あとは宝塚まで下るだけ
b0217643_8452135.jpg


気持ちのいい林道を快調に飛ばす
b0217643_846130.jpg


宝塚市街を望む
b0217643_8462631.jpg


武庫川を渡れば阪急宝塚駅
b0217643_8473663.jpg


六甲全山縦走ゴール。走っている時間が9時間、トータルの時間が11時間
暗くなるまでにゴールができて良かった
b0217643_8484797.jpg



コース
公称55kmだが私のGPSでは須磨から須磨浦公園の1kmと
4回迷った距離を合わせても45km
ただし山道のGPSは正確ではない
b0217643_8504662.jpg


高低差
b0217643_851526.jpg


累積上昇高度は3334m、
先週のダイトレは2646m、鯖街道は2862mだったので、
六甲の方が累積高低差は大きい
b0217643_8512182.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2015-06-14 08:54 | ランニング

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧