自省録

2013/3/3 グスタフ・マーラー交響曲第4番ト長調

【走った距離】  20.69km
【今月の累積距離】  51.09km
【ペース】 平均 5'42"/km、 最高 4'47"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 7℃、最低 4℃
【体重】  63.0kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
マーラー40歳の時の作品。
マーラーの全交響曲中もっとも規模が小さく、曲想も軽快。
歌曲「天上の生活」を第4楽章に置き、
これを結論としてそのほかの楽章がさかのぼる形で作曲された。
マーラーの弟子で指揮者のブルーノ・ワルターは、
この曲を「天上の愛を夢見る牧歌である」と語っている。

この交響曲がマーラー自身の指揮するカイム管弦楽団
(のちのミュンヘン・フィルハーモニー)で初演されたのは1901年11月。
聴衆からかなりのブーイングと、非難の声があがった。
マーラーの新作交響曲の発表だというので、
『交響曲第二番「復活」』のような
壮大な合唱付きの感動的な響きが聴ける……と期待して集まった聴衆の耳に、
まるでクリスマスにサンタクロースがトナカイの引く橇に乗ってやってくるような鈴の音が、
♪シャンシャンシャンシャン……と響いたから。
第2番の荘厳さも第3番の雄大さもない。

マーラー自身は第4番を以下のように語る。
《この交響曲全体でも、その表現対象にふさわしく、
フォルティッシモは一度も出てこない。
僕が大音響しか使わない、といつも主張している紳士連中は、
これを知ってびっくりするだろう。
第4交響曲にはトロンボーンが使われていないんだもの》
その表現対象の説明:
《ここで僕が考えていたことは、表現することが非常に難しいものだった。
一様な空の青を考えてごらん。
変化し対照をなす様々な色合いなんかよりもずっととらえにくいだろう。
これが全体の基調をなす気分なのだ。
それはときどき翳りを帯びて、薄気味の悪い、ぞっとするような気分になったりはする。
でも、天そのものが曇るのではなく、天は永遠の青に輝きつづける……》

私は初演から110年後の2011年11月にミュンヘンで
同じミュンヘン・フィルのマーラー交響曲第4番を聴く機会を得た。
110年後の聴衆は満足し、スタンディング・オベイションをする人もいた。
もちろんブーイングや非難の声を挙げる者はいなかった。
b0217643_18344475.jpg



第1楽章

♪シヤンシヤンシヤン……と「道化の鈴」が響く。
「道化の鈴」が冒頭に鳴らされるのは、
[これから君たちが聴くものは、すべて木当のことではないのだよ]と、
物語が始まるときの口上が述べられていることになる。

第2楽章

第1楽章が「道化の鈴」なら第2楽章は「死神のバイオリン」。
ヴァイオリン・ソロが、とりとめのない、一面おどけた旋律を演奏する。
マーラーは「友ハイン(死神)は演奏する」と表現した。

第3楽章

哀愁を含む静かな楽想。

第4章

ソプラノ独唱が天国の楽しさを歌う。

Das himmlische Leben
(aus Des Knaben Wunderhorn)

Wir genießen die himmlischen Freuden,
Drum tun wir das Irdische meiden.
Kein weltlich Getümmel
Hört man nicht im Himmel!
Lebt alles in sanftester Ruh.
Wir führen ein englisches Leben,
Sind dennoch ganz lustig daneben.
Wir tanzen und springen,
Wir hüpfen und singen,
Sankt Peter im Himmel sieht zu.

Johannes das Lämmlein auslasset,
Der Metzger Herodes drauf passet,
Wir führen ein geduldig's,
Unschuldig's, geduldig's,
Ein liebliches Lämmlein zu Tod!
Sankt Lukas, der Ochsen tät schlachten
Ohn' einig's Bedenken und Achten,
Der Wein kost' kein' Heller
Im himmlischen Keller,
Die Englein, die backen das Brot.

Gut Kräuter von allerhand Arten,
Die wachsen im himmlischen Garten,
Gut Spargel, Fisolen
Und was wir nur wollen!
Ganze Schüsseln voll sind uns bereit!
Gut Äpfel, gut Birn und gut Trauben,
Die Gärtner, die alles erlauben.
Willst Rehbock, willst Hasen,
Auf offenen Straßen
Sie laufen herbei!
Sollt' ein Festtag etwa kommen,
Alle Fische gleich mit Freuden angeschwommen!
Dort läuft schon Sankt Peter
Mit Netz und mit Köder
Zum himmlischen Weiher hinein,
Sankt Martha die Köchin muß sein.

Kein Musik ist ja nicht auf Erden.
Die unsrer verglichen kann werden,
Elftausend Jungfrauen
Zu tanzen sich trauen!
Sankt Ursula selbst dazu lacht!
Kein Musik ist ja nicht auf Erden,
Die unsrer verglichen kann werden.
Cäcilia mit ihren Verwandten,
Sind treffliche Hofmusikanten.
Die englischen Stimmen
Ermuntern die Sinnen,
Daß alles für Freuden erwacht.

天上の生活
(「少年の魔法の角笛」より

我らは天上の喜びを味わい
それゆえに我らは地上の出来事を避けるのだ。
どんなにこの世の喧噪があろうとも
天上では少しも聞こえないのだ!
すべては最上の柔和な安息の中にいる。
我らは天使のような生活をして
それはまた喜びに満ち、愉快なものだ。
我らは踊り、そして、飛び跳ねる。
我らは跳ね回り、そして、歌う。
それを天のペテロ様が見ていらっしゃる。

ヨハネは仔羊を小屋から放して、
屠殺者ヘロデスはそれを待ち受ける。
我らは寛容で純潔な
一匹のかわいらしい仔羊を
死へと愛らしいその身を捧げ、犠牲にする。
聖ルカは牛を
ためらいもなく、犠牲にさせなさる。
天上の酒蔵には、
ワインは1ヘラーもかからない。
ここでは天使たちがパンを焼くのだ。

すべての種類の良質な野菜が
天上の農園にはある。
それは良質のアスパラガスや隠元豆や
そして、その他欲しいものは我らが思うがままに
鉢皿一杯に盛られている!
良質な林檎や梨や葡萄も
この農園の庭師は何でも与えてくれる。
牡鹿や兎や
みんなそこの辺りを
楽しそうに走り回り
獣肉の断食日がやって来たら
あらゆる魚が喜んでやって来る!
ペテロ様が網と餌とを持って
天上の生け簀(す)へと
いそいそといらっしゃる。
マルタ様が料理人におなりになるのだ。

地上には天上の音楽と比較できるものは
何もなくて
1万1千人もの乙女たちが
恐れも知らずに踊りまわり、
ウルズラ様さえ微笑んでいらっしゃる
地上には天上の音楽と比較できるものは
何もなくて
チェチリアとその親族たちが
すばらしい音楽隊になる!
天使たちの歌声が
気持ちをほぐし、朗(ほが)らかにさせ
すべてが喜びのために目覚めているのだ。


CDはレナード・バーンスタイン指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
ボーイソプラノ起用
b0217643_18361083.jpg


オーギュスト・ロダン 作「グスタフ・マーラーの胸像」
ミュンヘン ノイエ・ピナコテーク、
ウィーン国立歌劇場、ニューヨーク MOMAにも同じものがある。
b0217643_1842399.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-03-03 18:42 | 音楽

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧