自省録

2013/1/14 『シンドラーのリスト』(Schindler's List)

【走った距離】  20.10km
【今月の累積距離】  234.67km
【ペース】 平均 6'27"/km、 最高 5'51"/km
【天気】 雨 
【気温】 最高 6℃、最低 3℃
【体重】  64.7kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
シンドラーのリスト

オスカー・シンドラーはチェコ生まれのドイツ人実業家。
第2次大戦中ナチスに取り入り、ホーロー鍋の軍事工場を経営。
ゲットー(隔離居住区)のユダヤ人も使い、大成功する。
しかし経済的成功よりもユダヤ人救済を願うようになった。
私財を投じてユダヤ人の強制収容所への移送を阻止したり、
アウシュヴィッツに送られた人々を救出したり、
人々の食糧を闇市で購入したりして、
自らの工場で雇用していた1,200人を虐殺から救った
ドイツの無条件降伏後、
ナチス党員のシンドラーは戦犯として、解放されたユダヤ人と別れたが、
その時、彼の所持金は一銭もなかった。

アウシュヴィッツの被収容者の心理を想像したいと思い、ビデオを観た。
シンドラーの視点で描かれているため、
被収容者の生活や心理描写は十分ではなかったが、
・ゲットーから収容所に追い立てられる人々、
・家具の中、床下に隠れる人々を射殺する親衛隊、
・提言が生意気だから、
 バスタブの汚れを落とせなかったから、
 仕事が遅いから、
 隻腕だから、
 ただ目の前を通ったからという理由で、
 あたかも虫をつぶすように収容者を撃ち殺す所長、
・別の収容所に移送されるのを逃れるため排泄桶の中に隠れる少年、
・健康に見せるため、血を頬や唇に塗る人々、
・焼却炉での死体の処理が追い付かず、遺体を山積みして野焼きする場面など
悲惨で痛ましい場面が続いた。

絶対主義体制の下、征服側の人々は自ら判断することを放棄し、
自らの感情を失った。
人を人とも思わなくない集団は狂気の世界を現出した。
そのような中で快楽主義者のオスカー・シンドラーは
全財産を投げ出し、命を賭けてユダヤ人を守った。

ヴィクトール・フランクルが指摘したように、
全体としては断罪されるべき集団にも、善意の人はいる。
シンドラーはあたかも古代ローマ帝国で弾圧されるキリスト教徒を守った聖人のように
ユダヤ人を守った。
護られたユダヤ人は金歯からつくった指輪をシンドラーに贈った。
指輪にはモーセの律法書の言葉「一人の人間を救うものは世界を救う」が刻まれていた。
ユダヤ人にとって、ナチスから1200人のユダヤ人を救ったシンドラーは
エジプトからイスラエルの民を故郷に導いた
モーセのような存在だったのだろう。
b0217643_1916085.jpg


b0217643_19161482.jpg


b0217643_19162797.jpg


b0217643_19163760.jpg


エルサレムのローマカトリックの教会墓地にあるシンドラーの墓
「1200人のユダヤ人を救った忘れられない恩人」と彫られている。
b0217643_19164965.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-14 19:18 | 映画

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧