自省録

2013/1/9 『街の灯』City Lights 

【走った距離】  6.09km
【今月の累積距離】  155.92km
【ペース】 平均 6'11"/km、 最高 5'32"/km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 10℃、最低 1℃
【体重】  64.9kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
打ちのめされた。
音楽もない、科白さえない、プロットとパントマイムのみ。
それだけにプロットが際立つ。
映画にコンピュータグラフィックや3次元は要らない。

浮浪者の男と盲目の花売りのフェアリーテイル。
金に困った娘を助けようとボクシングまでするが、うまくいかない。
酒に酔った富豪から大金をもらう幸運に巡り合い、
花売り娘にそのお金を渡すが、
泥棒と間違われ逮捕される。
数か月後、刑務所から出た浮浪者の男がとぼとぼと歩いていると
目の治った花売りの娘と出遭う。
娘はお金をくれた恩人がまさかこの浮浪者だとは思いも寄らない。
そのまま立ち去ろうとする男に花と小銭を恵んでやる。
その時、男の手を握った娘はこの浮浪者こそが恩人であることに気付く。

「あなたなのね?」娘は尋ねた。
男はうなづき、尋ねる。
「もう見えるかい?」
「ええ、もう見えます」
娘は答え、男の手を胸に抱く。
浮浪者は恥ずかしそうに微笑み、花を顔に押し当てた...(エンド)
b0217643_22323042.jpg


b0217643_22324546.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-09 22:34 | 映画

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧