自省録

2012/8/20 乱

【走った距離】  6.51km
【今月の累積距離】  303.77km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 34℃、最低 28℃
【体重】  63.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】


シェイクスピアのリア王を黒澤明が戦国時代に翻案。
三人娘が三人息子に変わり、グロスター伯爵は出てこない。
仲代達也演じる一文字秀虎には3人息子、
寺尾聰、根津甚八、隆大介がいるが、
本心を話す三男隆大介は秀虎の勘気にあたって勘当され、
長男寺尾、二男根津が家督を譲られる。
三男は隣国の国主 植木等に見込まれ、婿となる。
重臣の丹後(油井昌由樹)は百姓に身をやつし、秀虎を見守る。
ところが秀虎は信頼して家督を譲った長男、次男に
邪険にされ、城を飛び出す。
ここまでは原作通り。

ヴァリエーションその1
秀虎はすぐに曠野を放浪せず、
重臣の提言を受け入れ、三の城に部下と共に入る。
ところが長男、次男に攻められ、重臣に裏切られ、
部下、妻妾を皆殺しにされ、気が狂う。
黒澤映画では最も生々しい流血シーン。
まだ映画の前半だが蜘蛛巣城のラストシーンを彷彿させる。
このあと道化の狂阿弥(ピーター)、丹後と曠野を彷徨う。

ヴァリエーションその2
三の城攻城中に長男寺尾聰は
二男の重臣井川比佐志に鉄砲で撃たれ、
二男が国主となる。

ヴァリエーションその3
長男の正室 楓の方(原田美枝子)は親兄弟を秀虎に殺された過去をもつが、
長男が戦死したこと(実際には二男に殺されたこと)を知り、
二男を誘惑する。

再びオリジナル。
父親が精神を病み、曠野を彷徨っていることを知った
三男 隆大介は無事父を救出し、仲代も正気を取り戻す。
しかし二男の放った刺客に撃たれ落命する。
気落ちした仲代も絶命する。

ヴァリエーションその4
二男も居城を別の隣国に襲われる。
かくして楓の方の一文字一族への復讐は完遂された。

乱をみるのはこれが3回目。
これまでは乱よりも影武者の方がよかった。
乱は道化の登場、3男の振る舞いなど不自然なところがあり、
あまり感情移入できなかった。
しかしリア王を読んでから乱を見るとプロットが自然に感じられた。
仲代の渾身の演技がよかったのは当然として、
原田美枝子、ピーターの演技がよかった。
乱はある意味では原田とピーターの映画である。

しかし復讐譚を挿入することによって
最も大事な虚飾に気付いたリア王の悲劇性が薄まってしまった。
ヴァリエーションはリア王を知らない人がスムーズに理解できるように
また戦国時代に翻案するために入れられたのだと思うが、
作品を台無しにしている。
黒澤明をしてもストーリーの改変は、
シェイクスピアの神のようなプロットの煌きを消してしまった。
b0217643_21224494.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-08-20 21:29 | 映画

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧