自省録

2012/1/25 ネオファウスト

【走った距離】  6.89km
【今月の累積距離】  201.85km
【天気】 くもり
【気温】 最高 6℃、最低 1℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
ネオ・ファウスト

手塚治虫が死の直前まで、病院のベッドで描いた遺作。

本来は3部作の予定だったが、第1部を終えたところで手塚治虫は逝去。
ゲーテには全巻を仕上げる時間が与えられたが、
手塚には第1部の時間しか与えられなかった。

第1部の舞台は高度成長期の日本だが
ストーリーはゲーテのファウストの第1部グレートヒェンの悲劇とほぼ同じ。
ファウストにあたる大学教授が女悪魔のメフィストと契約をして若返り、
「坂根第一」と名乗る。
遺産を相続した第一は、
それを使って生命体を作り出す創造主となる決意を固める。
第一はマルガレーテにあたる大学生「高田まり子」を見初めて誘惑する。
「まり子」は第一との子供を殺め、精神を害する。
ここで絶筆。

第2部、第3部では、
ヘレネをガイアに見立て、
地球の歴史を古生代から地球誕生へと遡行していく構想や
左翼活動家の精子が新生物となり、未来の世界を脅かす構想、
第一がクローン兵士を大量に生産し、世界戦争が起こり、
人類が滅亡の危機に瀕する構想があったそうである。

広大な構想に驚くとともに、
それを読めなかったことを残念に思う。

一番メフィストと契約をしたかったのは手塚治虫自身だったのかもしれない。
b0217643_23343849.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-01-25 23:34 | 読書

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧