自省録

2011/9/4 ビア・カフェ クリーク


【コメント】
ベルギービールの飲める店を発見。
幸福な午後のひと時を過ごす。

香里ヶ丘 けやき通り
b0217643_2141577.jpg


ビア・カフェ クリーク
今日は雨だったが、晴れていたらヨーロッパのように外で飲めるのだろう。
b0217643_21424532.jpg


3月にオープンした新しい店
約50種類のベルギービールのほか、ドイツ、イギリス、オランダなど
全部で約80種類ある。
生ビールも、ステラ・アルトワ、フーハールデン、ベルビュー・クリーク、
マーフィーズ、ロンドン・プライドなどがある。
250種類以上のベルギービールのあるFiere Margrietや
40種類以上の生ビールの飲めるMoeder Lambicと比べることはできないが、
枚方の店としては結構頑張っていると思う。

専用ビールグラスの並ぶカウンター。
Fiere Margrietを彷彿させる。
b0217643_2143528.jpg


ボトルの並ぶ冷蔵庫。
b0217643_21433027.jpg


ビールのバナーやプレートの飾られた店内。
b0217643_21435513.jpg


b0217643_21441484.jpg


最初のビールはやはりベルギーのトラピストビール。
オルヴァルなら文句のないところ。
5か月ぶりに飲むオルヴァル。
すっきりとしたテイストと独特のフレーバー。
b0217643_21443138.jpg


2杯目はミュンヒェンのヴァイスビア、パウラーナー。
今日は生がなかったのでボトル。
9か月ぶりに飲むヴァイスビアの酸味を味わう。
b0217643_21451315.jpg


3杯目はプラハのブドヴァイゼル・ブドヴァル。
6か月ぶり。
素晴らしい。
ピルスナー・ウルケルと同じ、ホップの爽やかな苦味。
以前からチェコのビールが一番おいしいのではないかと思っていたが
今回もやはりそのように感じた。
b0217643_21453926.jpg


4杯目はロンドン・プライドの生。
ハーフパイントはオリジナルグラスがなくて
マーフィーズのグラス。
16か月ぶりのペールエールだが、
残念ながら冷えた生が出てきた。
酸味があって結構おいしかったが、
ロンドンのパブのような生ぬるいエールが飲みたかった。
b0217643_21461578.jpg


最後はフーハールデン。
美味しさを再発見した。
生ビールを注いだとき、
グラスからはみ出した泡をナイフで取り除いてからサーブしてくれる。
これも嬉しい。
b0217643_21463282.jpg


ベルギー、ドイツ、チェコのハイレベルなビールを飲み比べたのは
今回が初めて。
どれも個性があり素晴らしい。

自転車で行ける場所によい店があってラッキー。
本店は評判の焼き鳥屋。
タパスも美味しいらしいので、次回は試したい。
b0217643_21473597.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-09-04 21:47 |

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧