自省録

<   2014年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧




2014/8/31 休暇中に見たDVD⑦ プラトーン

【走った距離】  20.137km
【今月の累積距離】  412.9km
【ペース】 平均 6'03"/km、 最高 5'25"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 29℃、最低 25℃
【体重】  64.1kg
【コース】
自宅~豊里大橋


【コメント】
プラトーン
1986年公開アメリカ映画。
監督・脚本 オリバー・ストーン。
アカデミー賞 作品賞。

居眠りする歩哨、目障りな味方を撃つ軍曹、
正義も大義もない戦闘で次々と倒れていく兵士、
無抵抗のベトナム民間人虐殺...
極限状態のプラトーン(小隊)をアメリカ兵の視点から描く。
自らもベトナム戦争を戦ったオリバー・ストーン監督の作品。
敵は向こうではなくこちらにいる。

主役はチャーリー・シーンだが
ベトナム民間人を庇い、ベトコンとの戦闘中に味方上官裏切られ、
それでも逃げようとしたところを、背後から敵に撃たれたウィレム・デフォーと
冷酷な軍曹役のトム・ベレンジャーの印象が強烈。
生涯忘れえない映画。
b0217643_16493049.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-31 16:50 | 映画

2014/8/30 休暇中に見たDVD⑥ レイジング・ブル

【走った距離】  28.027km
【今月の累積距離】  392.763km
【ペース】 平均 6'06"/km、 最高 4'47"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 30℃、最低 23℃
【体重】  63.7kg
【コース】
自宅~毛馬


【コメント】
レイジング ブル
1980年公開アメリカ映画。
監督 マーティン・スコセッシ。
主演 ロバート・デ・ニーロ。

実在のプロボクサー、ジェイク・ラモッタの自伝。
同じボクシング映画のロッキーのように
強敵アポロを追い詰め、エイドリアンに呼びかけるクライマックスは無い。
ボクシングのチャンピオンが
感情をコントロール出来ず、弟と妻に去られ、
身を持ち崩す人生を描く。
モノトーンだが、打ち合いシーンは強烈。

タクシードライバーのデ・ニーロとスコセッシコンビ。
デ・ニーロは、ミドル級チャンピオンの体型と、引退後の肥満体型を表現するため
体重を27kg増量。アカデミー主演男優賞受賞。
b0217643_17244020.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-30 17:25 | 映画

2014/8/29 なぜ日本企業は「グローバル化」でつまずくのか

【走った距離】  6.08km
【今月の累積距離】  364.736km
【ペース】 平均 6'03"/km、 最高 5'50"/km
【天気】  曇り
【気温】 最高 28℃、最低 22℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか
ドミニク・テュルパン、高津 尚志 (著)

世界トップレベルのビジネススクールによる日本凋落の分析と処方箋。
IMD(国際経営開発研究所)はスイスのローザンヌに拠点を置くビジネススクール。
2012年と2013年にフィナンシャル・タイムズによる評価で世界第1位。
フォーブスのMBAランキングでは2013年度および2011年度に世界第1位。
英エコノミストのグローバルMBAランキングでは2008年に世界第1位。

IMDの世界競争力ランキングで日本は1989年から1992年まで1位だったが、
2014年は21位。
b0217643_22185131.jpg


1996年の4位から1999年の24位まで一気に下落し、
その後立ち直れない。

その原因は何か?
日本人はよく資源小国だからというが、日本より上位には
スイス、香港、シンガポールなど日本より資源の乏しい国が並ぶ。

IMD学長のテュルパンは日本が「ジャパンアズNo1」ともてはやされた、
1980年代に日本に赴任し、日本の凋落を見続けていた。

IMDの考える日本凋落の理由はグローバル化に乗り遅れたこと。

企業も政府もマスコミも世界的観点で観ず、自分の都合の良いように観る。
世界でルールは変わっても、過去の価値観を変えようとしない。
(変える必要性に気付かない)
かくして、欧米市場ではプレゼンスを保つものの、
新興市場では中国、韓国に敵わない。

問題は今も気付いていないこと。
このままでは世界ランキング上位に返り咲くよりも、
下位の東欧、アジア、南米、アフリカ諸国に抜かれる恐れの方が強い。

ライバルは世界中、嫌韓などしている場合ではない。
b0217643_22175653.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-29 21:42 | 読書

2014/8/27 スティーブ・ジョブズ

【走った距離】  5.94km
【今月の累積距離】  352.606km
【ペース】 平均 6'10"/km、 最高 5'38"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 32℃、最低 27℃
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
スティーブ・ジョブズ
ウォルター・アイザックソン著
900ページ一気読み。
エジソン、フォードと比肩する、100年は記憶に残る企業家の
波乱万丈の人生。
これだけ引き込まれる本は小説でも余りない。
アイザックソンの文章が素晴らしいこともあるが、
Steveの人生そのものがドラマ。

性格は個性が強すぎてリアリティがない。
これでは作家は小説も書けない。
現実は小説より奇なり。
鋭い感覚をもつ天才で物事を単純化。
人間には才能がある人間と間抜けの2種類しかない。
もし私がSteveのそばで働いていたら、間違いなくおろかもの。
日本の会社は人を育てるのが仕事という考え方が金科玉条。
SteveはAクラスの人間以外をクビにするのが仕事。

Steve Jobsの伝記を読んで、現代はいかに多くの天才を
IT分野で輩出しているかを実感した。
Steve Jobs
Bill Gates
Mark Zuckerberg
Larry Page...
19世紀のクラシック(モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス)
20世紀の物理学(アインシュタイン、ボーズ、シュレディンガー)
と同じような状況である。

ますますAppleが好きになった。
b0217643_2229542.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-27 22:29 | 読書

2014/8/26 休暇中に見たDVD⑤ ラストタイクーン

【走った距離】  6.11km
【今月の累積距離】  346.666km
【ペース】 平均 6'30"/km、 最高 6'00"/km
【天気】 雨のち晴れ 
【気温】 最高 31℃、最低 24℃
【体重】  65.4kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
ラストタイクーン
1976年アメリカ映画
監督:エリア・カザン
脚本:ハロルド・ピンター

何とも不可解な映画。
長編小説の途中で心臓麻痺で急逝したフィッツジェラルドの遺作。
本来ならば傑作になっただろうが、クライマックスを迎える前に映画が終了。
映画ではフィッツジェラルドの意を汲んで、未完の大作を完成させたと思ったのだが、
小説と同じところで終了。
小説では数ある逸話の一つでしかない、失恋の衝撃で自分を失った主人公が、
労働組合幹部に絡むシーンで終わる。
主人公のロバート・デニーロと組合幹部のジャック ニコラス のピンポンがシュール。

これではエデンの東の監督が、ノーベル文学賞の脚本家の台本を、
ロバート・デニーロ、ジャック・ニコルソン、ロバート・ミッチャム、ミッキー・カーチスを
起用して映画にしても、映画にならない。
なぜこの映画を作ったのか?
フィッツジェラルドへの挽歌か、不条理劇か?
b0217643_23141360.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-26 23:17 | 映画

2014/8/24 休暇中に見たDVD④ 華麗なるギャツビー

【走った距離】  20.21km
【今月の累積距離】  340.556km
【ペース】 平均 6'28"/km、 最高 5'35"/km
【天気】 曇りのち雨 
【気温】 最高 31℃、最低 25℃
【体重】  63.4kg
【コース】
鳥飼大橋~枚方大橋


【コメント】
華麗なるギャツビー
2013年のアメリカ合衆国
F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』の再映画化。

大富豪の娘であるデイジーと軍人のギャツビーは愛し合うようになるが、
デイジーは第1次大戦に出征したギャツビーを見捨て、
大金持ちのトム・ブキャナンと結婚する。
復員したギャツビーは闇市場で巨万の富みを得、デイジーの愛を取り戻そうとする。

1974年のロバート・レッドフォードの華麗なるギャツビーがTSUTAYAになく、
今回のデュカプリオ版を楽しみにしていたのだが...

永遠の女性を求めて夢破れた青年ギャツビーを名優レオナルド・デュカプリオが
ギャツビーというには貫禄あり過ぎるが好演。
他の俳優もわるくない。
ただし、CGの多用で映画が台無し。
小説の乱痴気騒ぎを再現しているCGは鮮やかだが、現実感がない。
トムの娼婦をデイジーが車ではねる運命的な場面のCGもおぞましいだけ。
感傷的なフィッツジェラルドの世界をビデオゲームの世界にしてしまった。
b0217643_182947.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-24 18:30 | 映画

2014/8/23 休暇中に見たDVD③ マリリン 7日間の恋

【走った距離】  20.606km
【今月の累積距離】  320.346km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 32℃、最低 28℃
【体重】  63.5kg
【コース】
自宅~赤川鉄橋
【コメント】
マリリン 7日間の恋(原題 マリリンと過ごした1週間)
2011年 イギリス映画。
マリリン・モンローとローレンス・オリヴィエが共演した
1957年の映画『王子と踊子』制作舞台裏を、助監督の目を通して描いた映画。
主演のミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを好演。
ハリウッドからロンドンへと渡ったモンローは撮影に対する重圧から
現場に遅刻し、ミスばかり。オリヴィエたちにとも対立する。
3番目の夫の劇作家アーサー・ミラーとも諍いを起こす。
そのような中、自らを取り戻し、マリリン・モンローの仮面をかぶり、
I will be her.
天性の輝きを取り戻す。

ミシェル・ウィリアムズは
マリリン・モンローの映画から歩き方や立ち居振る舞いを研究し、
ブラパッド、ヒップパッドをつけて、
孤独な実生活のマリリン・モンローを好演。

ミシェル・ウィリアムズはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。
メリル・ストリープが「鉄の女」のマーガレット・サッチャー役で受賞したため
惜しくも受賞を逃した。
b0217643_1801949.jpg



b0217643_181829.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-23 17:35 | 映画

2014/8/22 日本酒飲めるとこ

【走った距離】  2.95km
【今月の累積距離】  299.74km
【ペース】 平均 6'23"/km、 最高 6'16"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 33℃、最低 23℃
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
最近はワインが続いたが、今日は萱島の「日本酒呑めるとこ」。
宴会があって超満員。なんとか一人分のスペースを作ってもらった。
軽く3杯。

1杯目。高槻の清鶴 あらばしり。悪くない。
b0217643_2205698.jpg


2杯目。清鶴 ひやおろし
ひやおろしが美味しい季節になりました。
b0217643_221353.jpg


3杯目。十九 無濾過生原酒 D feat. C
長野D酵母と長野C酵母を合わせて醸したお酒。
美味しいのに驚いた。
b0217643_2225281.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-22 22:02 |

2014/8/21 休暇中に見たDVD② マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

【走った距離】  6.28km
【今月の累積距離】  296.79km
【ペース】 平均 6'30"/km、 最高 6'21"/km
【天気】 晴れ
【気温】 最高 33℃、最低 29℃
【体重】  65.6kg
【コース】
淀駅~会社


【コメント】
サッチャーは食料品店の娘として育ったが、
まず議員になるためアッパーミドル階級の発声方法に作り替えた。
さらに議会での議論に負けないために、
ローレンス・オリビエに学んで、
男性のような発声、相手に発言の隙を与えない、長いノーブレスの発言を作り上げた。
メリル・ストリープは過去のサッチャーの記録映像を元に、
サッチャーの発声をがヴォーカル・トレーニングを積んで再現。
さらに40年に渡るサッチャーの半生もメーキャップで再現。
メリル・ストリープは2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞。
映画はサッチャーの半生を駆け足で描くため、
盛り上がりがない。
名女優ストリープのセリフが一番の見どころ。

映画では晩年のサッチャーはウイスキーばかり飲んでいた。
休暇中ウイスキーを飲む回数が多かったのは、この映画の影響。
b0217643_2233295.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-21 22:39 | 映画

2014/8/20 休暇中に見たDVD① それでも恋するバルセロナ

【走った距離】 6.41km
【今月の累積距離】  290.51km
【ペース】 平均 6'14"/km、 最高 5'56"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 33℃、最低 29℃
【体重】  65.6kg
【コース】
淀駅~会社


【コメント】
連休中に見たDVD その1
それでも恋するバルセロナ
(原題 ヴィッキー クリスティーナ バルセローナ)
2008年公開
アメリカ・スペイン合作映画。
ウディ・アレン監督・脚本

ウディ・アレンの映画を見るのは久しぶり。
イングリッシュ・ジャーナルのインタビューで
以前のダイアン・キートンやミア・ファローのように、
最近はスカーレット・ヨハンソンがウディの映画に出演している
という話を聞いたので、興味を持った。

ウディ・アレンらしく、笑わせながら、自分探しをさせるコメディ。
バルセロナを訪れた2人のアメリカの女の子、ヴィッキーとクリスティーナが
自分を見つける話。
ヴィッキーとクリスティーナは現地のおじさんのフアン・アントニオに魅かれる。
ヴィッキーはアメリカから婚約者が追いかけてきたため、フアンに手を出せない。
天然のクリスティーナがフアンと棲みはじめる。
そこへフアンの元妻のマリア・エレーナが退院し、騒動になる。

クリスティーナはウディ・アレンのお気に入りのスカーレット・ヨハンソン。
マリアはペネロペ・クルス。
スカーレット・ヨハンソンに興味を持ってみた映画だが、
ペネロペ・クルスが素晴らしかった。
奔放な狂気の芸術家を好演。
あとでペネロペ・クルスがこの作品でアカデミー助演女優賞を受賞していた
ことを知ったが、納得がいった。
パイレーツ・オブ・カリビアンの女海賊アンジェリカの役はこの演技から
生まれたのではないか?
フアン・アントニオはペネロペ・クルスの実生活での夫でもある
フェロモン満開のハビエル・バルデム。
先日観た「食べて、祈って、恋をして」でもジュリア・ロバーツの恋人役を演じた。

今年は夏休み中のワインの消費量が多かったが、この映画の影響。
登場人物はみんな、最初から最後までワインを飲んでいた。
b0217643_22424354.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-08-20 22:43 | 映画

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧