自省録

<   2014年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧




20114/7/31 まんぷくローカルマラソン旅

【走った距離】  6.11km
【今月の累積距離】  245.1km
【ペース】 平均 6'30"/km、 最高 6'05"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 33℃、最低 26℃
【体重】  65.4kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
まんぷくローカルマラソン旅
たかぎなおこ

サブ5のマンガ家の女の人が、
自ら参加した大会をレポートした、ゆるいランニングマンガ。
それぞれの人に、それぞれののマラソンの楽しみ方があるという、
ランニングの懐の深さを改めて実感。

掲載レース?
魚介を満喫「館山若潮マラソン(千葉)」
被災地で元気をもらった「奥川健康マラソン(福島)」
野菜を収穫し、みんなでカレーを作る「たんのカレーライスマラソン(北海道)」。
田んぼのあぜ道、栗畑やぶどう畑を走り抜ける「小布施見にマラソン(長野)」。
川の中を疾走?「八幡川リバーマラソン(広島)」
夕焼けと暗闇の中を走る「伊平屋ムーンライトマラソン(沖縄)」
食い倒れの聖地で大いに飲み、食べながら「大阪マラソン」。
b0217643_23493227.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-31 23:50 | ランニング

2014/7/30 大丸屋の女の子2

【走った距離】  5.91km
【今月の累積距離】  238.99km
【ペース】 平均 6'32"/km、 最高 6'16"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 34℃、最低 28℃
【体重】  65.3kg
【コース】
淀駅~会社


【コメント】
駅前の居酒屋「大丸屋」。
晩酌のアテに惣菜を買うと
女の子が「私、今日が最後です。ありがとうございました」。
去年も同じようにアルバイトを止める女の子に挨拶をしてもらった。
昨年の女の子の時と同じく今回も少し寂しい。
こちらこそありがとう。
b0217643_21455661.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-30 21:47 | うれしかったこと

2014/7/29 夜はやさし

【走った距離】  3.04km
【今月の累積距離】  233.08km
【ペース】 平均 6'34"/km、 最高 6'19"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 34℃、最低 27℃
【体重】  65.4kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
「夜はやさし」
F.スコット・フィッツジェラルド
「グレート・ギャツビー」も哀しい話だが、この小説も哀しい。

強い精神と壮健な身体、明晰な頭脳をもつ精神科医ディックが
心に傷を持つニコルと恋に落ち、結婚する。
精神の不安定な妻に翻弄され、神経をすり減らし、アルコールに依存する。
自らを律する健全な精神を少しずつ失い、転落していく。
ディックとニコルの哀切極まりない、魂の軌跡。

実生活で精神を病む妻のゼルダを持ち、アルコールに溺れながら、
フィッツジェラルドが魂を削るようにして書いた作品。
残念ながら評判にならず、期待したほど売れなかった。
絶望からフィッツジェラルドはさらにアルコールに溺れるようになっていった。

今まで「ギャツビー」は村上春樹の訳も含めて3回読んだが、
「夜はやさし」は読んでいなかった。
「ギャツビー」ほどの輝きも完成度もないとの評判を読んでいたため。
フィッツジェラルドのイメージが損なわれるのではないかと思った。
しかし今回読んで、「ギャツビー」に勝るとも劣らない小説だった。
「ギャツビー」が絶頂期の天才の作品だとすれば、
「夜はやさし」は絶頂期を過ぎた天才が過去の才能がないことを知りつつ、
それでも自らに鞭打って書き上げた作品。
もっと読まれてしかるべき。
b0217643_21392747.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-29 21:54 | 読書

2014/7/28 ディア・ライフ

【走った距離】  6.15km
【今月の累積距離】  230.04km
【ペース】 平均 6'38"/km、 最高 6'25"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 32℃、最低 25℃
【体重】  65.5kg
【コース】
淀駅~会社


【コメント】
ノーベル賞作家アリス・マンローの最新作。
今年83歳であることを考えるとおそらく最後の短編集。

マンローの短編集を集中的に読んで、これが
「イラクサ」、
「林檎の木の下で」、
「小説のように」、
「木星の月」に続いて5作目。
邦訳はこれが最後。

5冊も読むと作品を鳥瞰できるようになる。

セグメンテーション1:
ひとつはマンロー自身、またはその両親の物語。
もうひとつは女性が主人公のフィクション。
しかしこちらも作者の分身。

セグメンテーション2:
ひとつは多感な文学少女のころの物語、
もうひとつは成人後の物語、
最後は老齢期の物語。

全てをつなぐ通奏低音は望みと諦念。

マンローはパーキンソン病に苦しむ母の代わりに12歳のときから家事を担い、
若くして結婚をして22歳で母親となり、
4人の子供を産み育て(一人は生後他界)、
子供たちを昼寝させているあいだにタイプライターに向かい、
掃除洗濯をしながら物語の構想を練り、
様々な年代の様々な女たちの人生を主な素材として、
ひたすら短編という形式を磨き上げてきた。

半世紀以上ものあいだ、毎日勤勉に、一篇に2、3か月、どうかすると7、8か月もかけて、
書いては書き直して珠玉の作品群を紡いできた。

これまで家庭はキャンバスとして小さすぎ、
本当に素晴らしいものは描けないとみなされてきたが、
マンローのノーベル文学賞の受賞は、家庭生活を描いても
素晴らしい作品が書けることを実証した。
b0217643_22522864.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-28 22:53 | 読書

2014/7/27 シャトー ラヴィゾン2011

【走った距離】  20.4km
【今月の累積距離】  223.89km
【天気】 晴れ時々雨 
【気温】 最高 31℃、最低 28℃
【体重】  64.4kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
Château de Lavison2011
いつもの香里園トップワールドで購入。
残念なことにワイン売り場が大幅に縮小されており、
目をつけていたワインがなくなっていた。

あまり期待せずに購入。
b0217643_18454696.jpg


品種 メルロ48% カベルネソーヴィニヨン26% カベルネフラン26%
タンニン軽めのミディアムボディ。
華やかさはない。
香りは最初は接着剤のような香りだったが、
1時間ほどするとバラの香りに変わった。
b0217643_18461464.jpg


シャトーはきれい。
b0217643_18463433.jpg


Appellation Bordeaux Controlee.だが
これをボルドーと呼ぶのは少し大胆。
青がメドック地区。
赤がこのワインのコートドサンマケール地区。
b0217643_18465112.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-27 18:53 |

2014/7/26 ウサギ

【走った距離】  17.8km
【今月の累積距離】  203.49km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 35℃、最低 32℃
【体重】  63.8kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
淀川でウサギを発見。
最初は猫かと思ったが、近づくとウサギだったので慌て写真を撮った。
淀川河川敷では
キツネ、タヌキ、イタチ、アライグマは見たことがあるが、
ウサギは初めて。
早起きした甲斐があった。
b0217643_1753075.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-26 17:06 | ランニング

2014/7/24 iPOD nano買換え

【走った距離】  5.91km
【今月の累積距離】  185.69km
【ペース】 平均 6'39"/km、 最高 6'13"/km
【天気】 晴れ
【気温】 最高 36℃、最低 31℃
【体重】  65.7kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
今まで2年間使ってきたiPod nano 第7世代。
1年ほど前に落としてディスプレイにクラックが入ってしまった。
b0217643_21122157.jpg


見た目が悪い他は特に問題点はなかったので使い続けていたが、
最近タッチパネルが効かず、曲の選択が自由にできなくなってきた。
さらにEnglishi Journalの録音が増えて、
97%が使用済みとなった。
b0217643_21125216.jpg


そこでiPod nanoを追加。
b0217643_21133248.jpg


ブラックは音楽用。
シルバーはEnglishi Journal専用。
b0217643_21135469.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-25 21:16

2014/7/22 24時間リレーマラソン2

【走った距離】  6.21km
【今月の累積距離】  168.18km
【ペース】 平均 7'11"/km、 最高 6'47"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 31℃、最低 26℃
【体重】  66.2kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
24時間リレーマラソンの続き。
Oさん、Mさんに撮影いただいた写真を追加。

迫力のスタート。
b0217643_23283930.jpg


夕焼け。
b0217643_23305597.jpg


12時間経過。
b0217643_23321756.jpg


深夜の中継ポイント。
b0217643_23314763.jpg


夜明け。
b0217643_23344163.jpg


レースその1
b0217643_2338399.jpg


レースその2
b0217643_23382157.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-22 23:40 | ランニング

2014/7/21 未来を発明するためにいまできること

【走った距離】  8.1km
【今月の累積距離】  161.97km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 31℃、最低 27℃
【体重】  65.8kg
【コース】
自宅~百円橋
【コメント】
先日読んだ「20歳のときに知っておきたかったこと」の
スタンフォード大学アントレプレナー・センターの
ティナ・シーリグ先生の集中講義の続編。
前篇と同じく非常に示唆に富む。
邦題は間接的なタイトルだが、原題は具体的で
「inGenius - A Crash Course on Creativity」
クリエイティビティのために殻を破る方法。
実際に殻を破る方法がいくつも示される。

問題を再構成する。

"Reframing Questions"
質問というのはすべてフレームであり、
応えはその枠の中に納まる。
問の立て方を変えることによって、
応えの幅はがらりと変わる。

「生死のかかった問を1時間で解かなければいけないとしたら、
最初の55分は問を考えるのに使う。
適切な問いさえわかれば、5分もかからず解けるから」
アルベルト・アインシュタイン

自分を追い込む

クリエイティビティは制約が好き。
クリエイティブな成果を上げるには、
あらゆる類の制約が重要な役割を果たす。

失敗を歓迎する

「私は失敗したのではない。うまくいかない方法を1万通りみつけたのだ」
トーマス・エジソン

信念を持つ

何か問題にぶつかったとき、解決する方法があると信じることが、
解決法を見つける重要なステップになる。

現実には、目の前の苦境にばかり気を取られ、
限りない可能性があちこちにあるのに気づくことができない。

スタンフォード大学ビジネススクールの研究では、
何かに取り組むときのスタンスが2通りに分かれる。
ひとつは、失敗を強く恐れて、
うまくいかない可能性があることには挑戦しようとしないタイプ、
もうひとつは、成功のチャンスを逃すことを恐れ、
予想通りいかない可能性があっても、果敢に挑戦するタイプ。
b0217643_21123958.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-21 21:20 | 読書

2014/7/20 24時間リレーマラソン

【走った距離】  18.2km
【今月の累積距離】  153.87km
【ペース】 平均 4'13"/km、 最高 3'44"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 32℃、最低 27℃
【コメント】
毎年舞洲で7月の3連休に開かれる、
コニカミノルタ ランナーズ 24時間リレーマラソンに参加。
昨年は出張で参加できず、一昨年は申し込みが出遅れて参加できなかったので、
4年ぶり。
他のランニングイベントと同じように参加希望者が増加。
今年は夜の零時の申し込み開始から6分で定員に達したらしい。
24時間リレーマラソンも走り切るよりも参加申し込みの方が難しい。

19日正午スタート、20日正午フィニッシュ。
15人のメンバーで交代でタスキを受け渡して24時間走る。
b0217643_2192139.jpg


周回コースを下見。距離は1.4km。
まず六甲、神戸方面を正面に見ながら坂を駆け下る。
b0217643_2194811.jpg


海沿いの遊歩道。
b0217643_2110769.jpg


b0217643_2111143.jpg


坂を駆け上がり、
b0217643_21112277.jpg


スタートポイントに戻る。
b0217643_21115763.jpg


炎天下3時間半経過したところでアイスの差入れ。
b0217643_21121933.jpg


給水所
b0217643_21124049.jpg


屋台
b0217643_21125910.jpg


スポーツ用品店
特価のTシャツとランニングキャップ、ロングタイツを購入。
b0217643_21132739.jpg


スタートから7時間、夕焼けに向かって快適なランニング。
b0217643_21134823.jpg


b0217643_21144554.jpg


晩御飯はカレー。
b0217643_2115155.jpg


すっかり暗くなったテントサイト。
沖縄のグループのライブを聴きながら、朝組の私は9時から2時まで仮眠。
メンバーを2つに分け、9時から3時まで走る夜組と3時から8時まで走る朝組を作る。
心地よい風があり、夜は寒いくらい。
b0217643_2115424.jpg


夜の3時 静かな会場で黙々と走るランナー。
大阪湾の夜景がきれい。
b0217643_2116668.jpg


朝の5時半 朝日が登り、MCの放送が始まる。
b0217643_2117048.jpg


朝ごはんはKさんに差し入れしてもらった、シンガポールのカップヌードル。
トムヤムクン味。
辛さで眠気が吹き飛んだ。
b0217643_21172871.jpg


直射日光下では40℃以上まで一気に上昇。
b0217643_21174952.jpg


今回のウエアはウルトラマラソンのTシャツ。
b0217643_2118511.jpg


b0217643_21183015.jpg


b0217643_2118467.jpg


20日正午の24時間マラソン終了の感動の瞬間。
b0217643_21212133.jpg


成績は206チーム中32位。
今年の水都70kmで1位だったNさんが引っ張ってくれた。
周回数227回、317.8km。4分32秒/km。
私の周回数は13回。

ゴールの後は大阪駅 駅ナカのビアバーに直行。
b0217643_2122711.jpg


ジャーマンスタイル ソーセージバーと言いながら
ビールはプレモルとカールスバーグしかない。
これはカールスバーグ。
炎天下で24時間我慢したあとのビールは格別。
b0217643_21223042.jpg


カレーヴルスト。
b0217643_21225889.jpg


[PR]



by totsutaki2 | 2014-07-20 21:34 | ランニング

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧