自省録

<   2014年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧




2014/3/31 ワールズ・エンド(世界の果て)

【走った距離】  6.98km
【今月の累積距離】  340.515km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 18℃、最低 12℃
【体重】  65.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
外国で問題を抱える人々を扱った、アメリカ人作家 ポール・セローの
短編小説集、村上春樹訳。
やはり村上春樹の訳で先日読んだ「極北」の著者、マーセル・セローの
お父さん。

彼らは異国で違和感を覚えるが、それは環境の問題ではない。
母国では包み隠されて表面化しなかった自分自身の違和感が、
進み隠すもののない異国で露呈しただけだった。

ワールズ・エンド
転勤でロンドンに家族と移住。
父親は家族の絆が幻想だと気づかされる。

文壇遊泳術
孤独な作家のこころに付け入る青年。

サーカスと戦争
高圧的な父親をもつフランス人家庭にホームステイする英国人少女。

コルシカ島の冒険
レストランのオーナーの妻を誘惑したアメリカの大学教授。

真っ白な嘘
アフリカで蛆の卵を体に産み付けられたイギリス人青年。

便利屋
イギリスの詩人の手書き原稿を盗もうとするアメリカ人教授。

あるレディーの肖像
職にあぶれ、パリで現金の運び屋をさせられるアメリカ人エリート。
待ち合わせの相手が見つからず、レズの若い女と逢引をする。
カフカの「城」の世界。

ボランティア講演者
ドイツの米国公館勤務の友人夫妻を訪ねた米国人外交官。

緑したたる島
心ならずも妊娠したため、世間の目を逃れてプエルト・リコに逃避した
若いカップルの幻滅。
b0217643_23143192.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-31 22:35 | 読書

2014/3/30 ラインヘッセンワイン

【走った距離】  28.47km
【今月の累積距離】  333.535km
【ペース】 平均 6'33"/km、 最高 6'05"/km
【天気】 雨 
【気温】 最高 16℃、最低 14℃
【体重】  64.1kg
【コース】
自宅~毛馬
【コメント】
3年前の欧州帰任時に買ったワインの整理を思い立った。
処分する前にTastingしてみると思いのほか美味しい。
というわけで排水口に捨てず、久しぶりのドイツワインを楽しみました。

Dieter Peter Koch Rheinhessen 2009er Bechtheimer Spatlese Scheurebe Trocken
辛口シュペートレーゼ ショイレーベ種
b0217643_2085778.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-30 20:08 |

2014/3/29 背割堤の桜

【走った距離】 26.68 km
【今月の累積距離】  305.065km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 21℃、最低 14℃
【体重】  64.4kg
【コース】
自宅~会社~八幡市駅
【コメント】
背割堤の桜が咲き始めた。
中には既に5分咲きから8分咲きの木もあるが、大半は蕾。
背割堤の桜特有の土用波のような桜や桜のトンネルはまだない。
八幡桜まつりの看板もまだない。
見ごろは来週あたり。
b0217643_19231980.jpg


b0217643_1926192.jpg


b0217643_19283981.jpg


b0217643_19292641.jpg


b0217643_1930576.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-29 19:34 | ランニング

2014/3/28 サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3

【走った距離】  6.1km
【今月の累積距離】  278.385km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 21℃、最低 9℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
村上春樹の最新ショートエッセイ。
肩の凝らない内容で気楽に読めるが、
本質的な指摘もあり、楽しめる。
問題は読んでいるとビールとウィスキーが飲みたくなること。
決して日本酒と焼酎ではない。

英語とランニングに関する記述を紹介。

(英語が下手で)何か不便を感じるかというと、とくにそんなことはない。
英語は今では、英米人のための言語というよりは、
リンガーフランカ(世界共通語)としての機能の方がむしろ大きいので、
極端に言えば「意味が通じりゃそれでいい」ということになる。
となれば、そこで大事なのは「流ちょうに話す」ことよりは
「相手に伝えるべき内容を、自分がどれだけきちんと把握しているか」
ということになる。
つまりどんなにすらすら英語が話せても、
話の内容が意味不明だったり、無味乾燥だったりしたら、
誰も相手にしてくれない。
僕の英語は流ちょうではないけど、手持ちの意見だけは何しろたくさん、
(文字通り)売るくらいあるので、相手はそれなりに耳を傾けてくれるみたいだ。
英語を「社用語」にしようという日本企業も出てきたみたいで、
まあそれも大事なんだろうけど、
同時に「自分の意見」を持てる人を育成することがもっと大切じゃないかと、
僕なんかは思います。

たとえば僕はこの三十年間、毎日のように走っている。
走り始めたとき、走ることがとても面白く感じられて、
「このまま延々と走り続けたら、
僕の人生はいったいどんな風に変わっていくんだろう?」と好奇心を待った。
そしてその好奇心をしつこく追究してみることにした。
 で、長年にわたって走り続けて、僕の中で何かが変わっただろうか? 
たぶん変わったと思う。
体型的にも、精神的にも、小説家的にも。
でも並べて比較するべき「走らなかった」僕が今ここに存在しないわけだから、
残念ながら科学的な検証はできない。
自分で「日々走り続けることで、僕はたしかに変化したよな」と実感し納得するしかない。
全然科学的とは言えないけど、まあこれも人生を費やし、
我が身を使ったひとつの実験ですよね。


ちなみに「サラダ好きのライオン」とは珍しいことの喩え。
「眠れない夜は僕にとってサラダ好きのライオンくらい珍しい」。
b0217643_225316100.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-28 22:54 | 読書

2014/3/27 センセイの鞄 川上弘美

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  272.285km
【天気】 曇りのち晴れ 
【気温】 最高 16℃、最低 11℃
【体重】  65.1kg
【コメント】
元高校の古典のセンセイと教え子が飲み屋でお酒を飲む話。
センセイは70歳前の一人暮らしの男の先生、教え子は40歳前の未婚の女性。
飄々としたセンセイのキャラクターが秀逸。
お金はかけず、肩の力を抜いて生活を楽しむ。
天真爛漫。
服のセンスは良い。
癒し系ではないが、一緒にいると悩みが消える。
「吾輩は猫である」の苦沙弥先生のようでもあり、
「東京物語」の笠智衆のようでもあり、
「サザエさん」の波平さんのようでもあり、
年を取った「ちびまる子ちゃん」の丸尾くんのような感じでもある。
こんな人とカウンターで飲んだらきっとおいしい。
b0217643_23272362.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-27 23:39 | 読書

2014/3/26 真鶴 川上弘美

【走った距離】  6km
【今月の累積距離】  272.285km
【天気】 雨 
【気温】 最高 14℃、最低 12℃
【体重】  64.9kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
真鶴 川上弘美 

一種のゴーストストーリー。
10年以上前に夫に失踪されてから、霊が見えるようになった妻。
女の霊に導かれ、夫の消息を辿るために神奈川県の真鶴に通う。
夫の霊と巡り合い、別れを告げる。

物語の設定が秀逸。
感受性の強い主人公の、現実と幻想が入り交じった世界が存在感を出す。
この設定だけで最後まで読ませる。

吐息が感じられるような、艶かしい、粘着性の文体。
文体はあまり好きにはなれないが、このストーリーには合っている。

この小説を映画「シックスセンス」のような怪奇譚ととらえるか、
夫の失踪が契機となって不安定となった精神が、
夫へのこだわりが吹っ切れて、回復する話ととらえるか。
b0217643_23343175.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-26 23:34 | 読書

2014/3/25 ガリガリ君ナポリタン味

【走った距離】  6.26km
【今月の累積距離】  266.285km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 19℃、最低 14℃
【体重】  65.5kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
本日発売のガリガリ君ナポリタン味。
ガリガリ君コーンポタージュ、ガリガリ君クレアおばさんのシチュー味に続く第3弾。
これは美味しい。
ガリガリ君コーンポタージュは冷製ジャガイモポタージュ、ヴィシソワーズのようだったが、
今回のナポリタン味は冷製トマトスープ、ガスパチョのよう。
b0217643_2125276.jpg


b0217643_21254777.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-25 21:26

2014/3/24 淀川河川敷で日本酒

【走った距離】  6.01km
【今月の累積距離】  260.075km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 19℃、最低 4℃
【体重】  66.4kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
伏見日本酒祭りで買ったお酒を淀川の河川敷で飲んだ。
富翁の新酒蔵出しまつり限定、純米吟醸生原酒『祝』。
酒米は銘柄と同じ京都特産の「祝」、
酵母は9号系の「京の琴」。
爽やかな香りとすっきりとした味わい。
春の晴れた河原でお酒を飲むのは最高の贅沢。
b0217643_23174645.jpg

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-24 23:18 | ランニング

2014/3/23 大阪城の桃と梅

【走った距離】  17km
【今月の累積距離】  254.065km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 15℃、最低 7℃
【体重】  64.3kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
昨日は大阪城までランニング。

梅園
ほとんど散っていた中で、まだ花のついている木もあった。
b0217643_206986.jpg


b0217643_20143258.jpg


桃園
こちらはこれから。
b0217643_20162680.jpg


b0217643_20172025.jpg


b0217643_20185650.jpg


桜もつぼみが膨らんできた。

[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-23 20:20 | ランニング

2014/3/22 伏見 日本酒祭り

【走った距離】  39.58km
【今月の累積距離】  237.065km
【天気】 快晴
【気温】 最高 11℃、最低 6℃
【体重】  62.9kg
【コース】
自宅~大阪城
【コメント】
昨日は年に1度の伏見の日本酒祭り。
普段の訪問は入れない蔵元で日本酒が飲める。
今回訪れた蔵元は
日出盛 松本酒造
富翁 北川本家
䇦勲 斉藤酒造
神聖 山本本家

松本酒造と北川本家は初めての訪問だったが、
レベルが高いことに驚いた。

松本酒造
b0217643_18593452.jpg


b0217643_1922491.jpg


b0217643_1931335.jpg


北川本家
b0217643_1933844.jpg


b0217643_194661.jpg


b0217643_1943195.jpg


b0217643_1943673.jpg



b0217643_195872.jpg


鳥せい本店
b0217643_1953635.jpg


戦利品
b0217643_196364.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2014-03-22 19:15 |

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧