自省録

<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧




2013/10/31 蜂谷彌三郎 望郷7 生き抜く力

【走った距離】  6km
【今月の累積距離】  318.105km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 21℃、最低 13℃
【体重】  64.4kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
何が蜂谷さんに生き抜く力をあたえたのか?
幼いころの苦労から、教えられずに身につけた人生観、

石にかじりついてでも生きる、
どんな状況でも、針の穴のような望みを期待してあきらめない、
水のように運命に順応する。
そして感謝する。

 物心のついたころから、私は「なんとかして生きていかなければならない」
という意識を強く抱いていて、
その思いに追われるようにして生きてきたように思えてなりません。
もちろん人としてこの世に生を亨けた以上、
誰でもその人の人生を歩んでいかなければならないのですし、
千差万別の運命に左右されてそれぞれの道を歩んでいくことになるのですが、
とりわけ私の場合、その運命というものに激しく翻弄されるようにして
人生を歩んできたように思います。
そのせいで、普通の方たちに比べると
「石にかじりついても生きていかなければならない」という意識を
より強く持ったと言えるのではないかと思っています。

 針の穴のようなかすかな望みを
暗闇のトンネルの中で探し求めながら生きてきたのが私の人生でした。

 その体験から、私は運命というのは切り拓くものではなく、
期待することが大事なのだと思っています。
「もしかしたら……」と期待する。
期待して、諦めない。
そういう気持ちで生き抜いていたら、その「もしかしたら」が現実となったのです。
ソ連が崩壊し、家族と連絡がついて、日本に帰ってくることができたのです。

 ソ連にいるとき、よく考えたものです。
なぜ私だけがこんなに苦しまなくてはならないのか。
もしかしたら、私という人間の前世に
これだけの苦しみを受けなければならないようなことがあったのではないか、と。
それが私にこの世で与えられた運命なら、
私はこれに耐えなければならないと思いました。
 しかし、それが私の運命だとしても、
もしかしたら長い長い真っ暗な出口の見えないトンネルの中にも、
針の穴のような小さな望みの光があるのではないかと諦めずに生きてきたのです。
ソ連国籍を受けるときには、水のようになって生きていこうと思いました。
水は入れ物の形に従っていろいろな形に姿を変えます。
あるいは流れる場所に応じて自分の流れる道を探し求めていきます。
そのようにして私も生きるしかない。そう決心しました。
 直面する自分の進路、生きていく道に何も反抗せずに、
すべてをそのまま受け入れて生きていこう。
もしかしたらいつか日本に帰れる日が来るかもしれない。
それだけを目当てに生きてきました。
罪が晴れて無実が証明されたとき、
今さら何を、という空しさを感じたことを私は正直に申し上げます。

 繰り返し言いたいのは、私か自分の人生を後悔しているわけではないということです。
苦難に満ちた人生ではありましたが、今ではそれもありかたいと思っています。
他人様の苦しみを苦しみと思えるようになっただけでも、ありかたい。
他人様の痛みを自分の痛みとして感じられるようになったことをありかたく思います。
 これだけの深刻な道を歩いてこなかったら、
あるいはもし父親の事業が成功していて何の苫労も知らずに生きてきたならば、
私は他人の苦しみを理解できないまま生きていたかもしれません。
そういう人生にどれはどの価値があったかと思うのです。
 苦難の人生であったからこそ、
他人様の苦しみや悲しみがわかるようになったのです。
そんな運命を与えられたことに私は感謝したいと思うのです。

b0217643_22434825.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-31 22:50 | 心の使い方

2013/10/30 ガリガリリッチ クレアおばさんのシチュー味

【走った距離】  3km
【今月の累積距離】  309.105km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 22℃、最低 16℃
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
ガリガリ君 クレアおばさんのシチュー味。
クリームシチューそのままの味。
コーンポタージュ味のレベルには達していない。
b0217643_22393291.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-30 22:40

2013/10/28 蜂谷彌三郎 望郷6 岸壁の母

【走った距離】  5.73km
【今月の累積距離】  309.105km
【天気】 晴れ
【気温】 最高 19℃、最低 16℃
【体重】  64.5kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
幼いころ実家の真田紐工場が倒産し、貧しい生活を送る。
中学生の時に母親が川に身を投げようとするのを助けた。

 引揚者の中に私の顔写真の載った新聞を見て、
母は私のために新しい洋服を買い、靴を揃え、
私の大好きな五目ずしを重箱に詰め込んで持ってきて、
舞鶴の引き揚げ桟橋で待っていたそうです。
しかし、最後の一人が出てくるまで待ち続けたけれど、
みんな通り過ぎてしまった。
私の姿がないことに母はひどくショックを受けて、
精根尽きてその場に倒れ込んでしまったそうです。
 その日以来、母は眠れない夜を過ごすために
睡眠薬に頼るようになってしまったのです。

 結局、私は母と再会することはできませんでした。
母は71歳で他界しました。
13歳のころに交わした「母を支える」という約束を私は果たせませんでした。
何とも親不孝なことだと悔いばかりが残ります。
 帰国した翌年の秋、私は舞鶴の引揚記念館に行きました。
引き揚げ桟橋に立ったとき、ここで母が精根尽き果てて崩れ倒れたのだと思えば、
立っていることさえままならず、
橋板を手で撫でながら溢れ落ちる涙をどうすることもできませんでした。
 鳥取地方法務局から「国籍を有する者」との認定証を受け、
晴れて日本人として国内の往来もできるようになり、
念願であった草津にある母の墓参りを果たすことができました。
 生き残っている妹と二人の弟夫妻と共に墓前に額ずき、
私は帰国できたことを告げ、親不孝を詫びました。

 母の亡くなる少し前、寝ていると夜中に母の声が聞こえました。
 「彌三郎、私はおまえを待って待って……」
 とそこまでで言葉は途切れました。
 母が来ているのかと思って、私はハッと目を覚まし、そこで夢だと気づきました。
びっしょり汗をかいていました。
その後、体が震えて震えてしかたがありませんでした。
あれは正夢だったと思います。
母の魂が私を揺り起こしてくれたのではないかと思っております。
 あのときの言葉が慕前で蘇ってきました。
 「お母さん、ただ今帰ってまいりました。積もり積もった親不孝をお許しください」
 そう言って泣き崩れたとき、母の顔が目の前に浮かんできたのでした。
 どれだけ私を頼りにして待って待って待ち続けたことかと思えば、
たやすく墓前から立ち去ることはできず、
墓碑の冷たさが心の奥にしみ込む思いがしました。

b0217643_2265275.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-29 22:07 | 心の使い方

2013/10/27 大阪マラソン2

【走った距離】  6km
【今月の累積距離】  303.375km
【天気】 快晴O
【気温】 最高 20℃、最低 10℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
去年は後方のOグループからスタートで15000人抜きだったが、
今年はBグループからのスタートなので700人抜きだった。
b0217643_23321995.jpg


昨日はレース後、天満の鳥せいで遅い昼食。
生原酒。
b0217643_512190.jpg


やきとり。
b0217643_5192622.jpg


b0217643_522682.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-29 05:24 |

2013/10/27 大阪マラソン

【走った距離】  42.195km
【今月の累積距離】  297.375km
【ペース】 平均 4'55"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 19℃、最低 14℃
【体重】  64.1kg
【コース】
大阪マラソン
【コメント】
25回目のマラソン、大阪マラソン2013。
心配したほど暑くならず、好天の秋の大阪を楽しく走ることができた。
b0217643_20243928.jpg


タイムは3時間31分。2年前の大阪マラソンの記録を1分上回ったので
過去2番目の記録。
b0217643_20262464.jpg


過去2回の大阪マラソンとの比較。
前半、後半とも昨年よりもペースが上がり、一昨年の状態に戻っていることが分かる。
前半に一昨年よりも速いペースで走れた分だけ、記録を1分縮めることができた。
しかし後半ペースが落ちる傾向は変わらない。
今回は体感的には30kmでもそれほど苦しくなかったので、
後半の落ち込みが少ないのではないかと期待したが、甘かった。
もっと長い距離の走り込みをする必要がある。
b0217643_20265258.jpg


ゴール会場でボランティアの整体師の人にストレッチと
ふくらはぎのアイシングをしてもらったが、大変気持ちがいい。
おかげで今年は普通に歩いて帰ることができた。
b0217643_2051426.jpg


過去3回の完走メダル。
だんだん派手になっている。
b0217643_2133180.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-27 21:07 | ランニング

2013/10/27 寛平マラソン申し込み


【コメント】
篠山を申し込むつもりでしたが、家から近い寛平マラソンを申し込みました。
b0217643_5171286.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-27 05:17 | ランニング

2013/10/26 大阪マラソン受付

【走った距離】  6.31km
【今月の累積距離】  255.18km
【天気】 曇り 
【気温】 最高 19℃、最低 17℃
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
大阪マラソンEXPOで遊んできました。
b0217643_19442664.jpg


b0217643_19535263.jpg


b0217643_19581934.jpg


Tシャツも3枚目。
b0217643_19591649.jpg


明日は暑そうですが頑張ります。

[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-26 20:00 | ランニング

2013/10/25 蜂谷彌三郎 望郷5 妻 久子

【走った距離】  2.94km
【今月の累積距離】  248.7km
【天気】 雨 
【気温】 最高 20℃、最低 18℃
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
偉いのはクラウディアだけではなかった。

 日本に帰ってから私には一つの心配事がありました。
それは、国籍がどうなるのかということです。
ロシアの国籍を返納して日本の国籍をまた受けることができるのだろうか。
それが何よりも心配でした。
しかし、その心配は杞憂に終わりました。
法務局から「日本国籍を有する者と認定する」との通知があり、
簡単に問題は解決してしまいました。
 問題がすんなりと片づいたのは、久子が常人以上の愛情でもって
戸籍を夫婦のまま守ってきてくれたおかげでした。
 縁談の仲立ちをしようという人がたくさん来たそうです。
しかし、久子はそのたびに、
「何を言ってるの。私には夫がありますよ。
戸籍もちゃんと夫婦になっているし、今さら再婚なんて何を考えてるの。
私はそんなことは考えていません」
と断ってしまいました。
そのおかげで、私は再び日本に永住できることになったのです。

 感激の再会を果たした日、家に帰ってから久子は
私に一冊の通帳を手渡しました。
 「お父さん、これお父さんが帰ってきたときの当座の費用として
貯金しておきました」
それを持つのに手が震えました。


 生死不明の彌三郎の帰国を待ち続け、
夫婦の絆である戸籍を守り通していてくれただけではなく、
万が一にも彌三郎か帰国したときに備えて、
年金のない彌三郎のために爪に火をともすようにしてこつこつと
彌三郎名義の貯金をしていた。

 こんな久子の愛とともに、ロシア人女性クラウディアの
国境を遥かに超えた奇跡的な愛に包まれた今日の私の命の尊さを思うとき、
この世の幾数百万の富でさえ決して及ばない
心の宝石を享けた私は至上の幸せ者だと思っています。

b0217643_23394587.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-25 23:42 | 心の使い方

2013/10/24 蜂谷彌三郎 望郷4 クラウディア

【走った距離】  5.82km
【今月の累積距離】  245.93km
【天気】 曇り 
【気温】 最高 24℃、最低 20℃
【体重】  65.3kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】

クラウディアの生家はロシア革命前は大地主だったが、
革命で父親は粛清され、乞食に売り渡された。
製粉業者に助けられて女中となる。
その後、共産党員として認められ、出納係となる。
軍人と結婚し、息子が生まれ、幸せな家庭を築く。
ところが上司の横領の冤罪で投獄され、夫からは離婚される。
出所後一人で暮らしていたが、境遇が似ている彌三郎に共感を抱く。

スパイ容疑の彌三郎と暮らす間には、銃口をなんども突きつけられるが、
気丈にも彌三郎の前に立ちはだかり
「殺すなら私を撃ってから」とクラウディアは命を投げ打って、彌三郎を助けた。
共に支えられる暮らしが37年も続いた。

ソ連崩壊後、クラウディアは、三郎の生き別れた妻子が
鳥取で健在であることを突き止める。
彌三郎に黙って、ハバロフスクの日本総領事館に彌三郎の直訴する。
彌三郎の帰国はすなわち自分との別れを意味することを
十分に認識した上での決断と行動である。
シベリア・アムール州での独居生活を余儀なくされてでも、
夫の帰国と帰国を待ちわびる日本人妻・久子への気遣いを優先させた。
自分の離婚と引き換えに帰国許可を とり、彌三郎を日本に帰還させた。

クラウディアは彌三郎が日本に帰るとき、
こつこつ貯めてきた葬式代を銀行からおろしてドルに変え,
こっそり彌三郎のトランクに入れた。

お金とともにトランクに忍ばせたプログレス村の写真の裏に書かれた
クラウディアの別れの詩。

ときどき、思い出してください。
ロシアを、プログレス村を……。

私たちは、思いもよらない人生での出逢いをしました。
似通った運命が私たちを引き寄せたのでした。
教会で結婚式を挙げずとも、誠実の誓いを行わずとも、
私たちの人生は誠実で、そして神聖でした。
私たちの暮らしは、決して裕福でも贅沢でもありませんでした。
私たちの人生は、常に恐怖のもとで過ぎていったのでした。
どうか、あんな疑いが二度と繰り返されないように。
どうか、年老うるまで安らかに生き永らえますようにと、
長い間、朝夕、祈っていたのでした。

一切の責任は戦争にあるのです。

私は、心からあなたを理解しておりました。
ご両親や弟妹、たった生後一年あまりで別れた娘さんや奥さんがいる祖国を、
恋しく思うあなたの心のうちを……。
私たちは、こまごまとしたそのすべてを思い浮かべて、
涙とともにいつも思い出話は尽きませんでした。
食事の時間も忘れて身を砕くようにして、ただ一心不乱に働きましたね。

そして、長い年月が流れました。
私たちはようやく、その人たちが健在であることを知ったのでした。
娘さんやお孫さんたち、それに年老いた奥さんが
一途にあなたの帰りを待ち焦がれていることを……。

今、年老いたあなたが多くの病を抱えて、
一切が失われたようだった祖国へやっと帰っていくのです。
奥さんや娘さん、お孫さんたち、弟妹、友人たちが待っている祖国へと……。

もはや私たちは、再び会うことはないでしょう。
これも私たちの運命なのです。
他人の不幸の上に私だけの幸福を築き上げることは、私にはどうしてもできません。
あなたが再び肉親の愛情に包まれて、祖国にいるという嬉しい思いで、
私は生きていきます。
私のことは心配しないでください。
私は自分の祖国に残って生きていきます。
私は孤児です。
ですから、私は忍耐強く、勇敢に生きていきます。

私たちは、このように運命づけられていたのでした。
三十七年あまりの年月をあなたと共に暮らせたこと、
捧げた愛が無駄ではなかったこと、私はこの喜びで生きていきます。
涙を見せずに、お別れしましょう。
過去において、もし私に何か不十分なことがあったとしても、
あなたは一切を許してくださると思います。
あなただけは、この私を理解してくださると信じています。
私か誠実な妻であり、心からの友であったことを……。
あなたたちの限りない幸せと長寿を、心から祈り続けることをお許しください。

1997年 3月21日   クラウディアより


これは後日談になりますが、クラウディアは2003(平成15)年に日本を訪れました。
滞在の日程を終えてロシアに帰るというとき、
私は新潟の空港までクラウディアを見送りに行きました。
私はそこから伊丹空港に帰る予定でいたのですけれど、
ハバロフスク行きの便と伊丹行きの使の出発時間がほとんど同じでした。
それでエスカレーターのところで、
 「じゃあ元気でね」
と言って握手を交わして別れることになりました。
そのときクラウディアは言いました。
 「もうこれが最後ですね」
私も言いました。
 「ああ、最後だろうね」
それから一瞬躊躇したのち、クラウディアは一言こう言ったのです。
 「国際電話だけは絶たないで」
その瞬間、彼女の目からポロポロと涙がこぼれ落ちました。
クラウディアが自分のことで涙を流すのを、私はそのとき初めて見ました。
私か日本の家族と幸福になるように、クラウディアは尽くしてくれました。
それでもやはり、37年間お互いに励まし合い、いたわり合って暮らしてきた仲です。
その思い出というものは簡単には断ち切れない。だから、
 「国際電話の通話は高くつくかもしれないけれど」
と遠慮しながらも、
 「それだけは絶たないでほしい」
搾り出すように言ってポロポロポロッと涙をこぼしたのです。
彼女の気性をよく知っているだけに、
なおさらその涙が私には重くのしかかってきました。
それが最後の言葉になりました。こらえていた涙が堰を切ってこぼれだして、
あとは言葉になりませんでした。
涙を流すクラウディアを見ていると、
 「あなたたちの幸福が私の幸福だ」
という言葉は彼女の強気な面が言わせているのであって、
実際は別れてしまったつらさがあるのだと今さらなからに感じました。
その涙を見たとき、天涯孤独のクラウディアを
また一人の孤独な生活に追いやってしまう私の運命を怨みました。

b0217643_5115525.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-24 22:41 | 心の使い方

2013/10/23 蜂谷彌三郎 望郷3 娘からの手紙

【走った距離】  5.68km
【今月の累積距離】  240.11km
【天気】 雨 
【気温】 最高 19℃、最低 17℃
【体重】  65.3kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
 収容所を退所後、日本人同胞は帰国していくが、
スパイ容疑の蜂谷さんには帰国の許可が下りない。
俊寛僧都のように一人ソ連に残された蜂谷さんに
乳飲み子の時に生き別れになった娘さんからの思いもよらない手紙が届く。
娘さんは小学生になっていた。

 半信半疑で郵便局に行ったところ、確かに私宛ての荷物です。
大きなベニヤで作った箱に布で縫い込んだロシア式の小包でした。
そこには「ソ連マガダン市日本人理髪師蜂谷彌三郎」とだけ宛名が書いてありました。
 調べてみたところ、モスクワを経由して三年がかりで
マガダンまで届いたものだとわかりました。全く奇跡というほかありません。
 たぶん何度も検閲を受けてきたのでしょう。
小包を受け取ったときにはもう箱が開けてあって、
中身は三分の一ぐらいに減っていました。
それでもあまりの喜びで、私は箱を抱えて急ぎ足で家に帰りました。
どうやって自分の下宿にたどり着いたか覚えていないほど興奮していました。
 箱の中からはまず鰹節が二本出てきました。
懐かしくて、その匂いを胸一杯に吸い込みました。
それから玉露の缶が一つ、こぶ茶の缶が一つ、
そしてうまみ調味料が出てきました。
さらにタオル、石鹸、歯磨き粉、歯ブラシなどの日用品が入っていました。
 箱を調べているうちに、新聞紙ではない皺くちゃになった小さな紙が出てきました。
何かと思って引き伸ばしてみると、
そこには鉛筆でようやく書いたような片仮名の文字がありました。

ワタクシハ オトウサンニ アイタイトオモイマス ハヤクカエッテキテクダサイ クミコ

なんということでしょう。
娘の久美子の書いた手紙です。
私は手紙を抱きしめて、気が狂ったように大声で娘の名を叫びました。


実際に我が子に会うまでにはさらに40年以上の歳月が流れた。

 1996(平成8)年8月21日、ハバロフスクを経由して弟と娘夫婦が、
私たちの住んでいる町にやってくることになりました。
 空港で娘の久美子を見つけた私は近づいてくるのが待ち遠しくて、
手を高く上げて大声で娘の名を呼びました。
そして駆け寄ってきた娘を抱きしめました。
五十年前には乳飲み子たった娘の頭には白髪がありました。
それを見て母娘の苦しかった生活が思い知らされ、
ずいぶん長い時間が流れたものだと感じないわけにはいきませんでした。

b0217643_5274579.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-10-23 22:48 | 心の使い方

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧