自省録

<   2013年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧




2013/8/31 河原でビール

【走った距離】  27.15km
【今月の累積距離】  423.09km
【ペース】 平均 6'12"/km、 最高 5'38"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 34℃、最低 30℃
【コース】
自宅~会社~伏見
【コメント】
少し早い誕生日のプレゼントのGrand Kirinを会社のランニング仲間のSさんから頂いた。
b0217643_20465190.jpg


早速セブンイレブンで入手し、
b0217643_20495433.jpg


いつもの太間の淀川河川敷で飲んだ。
b0217643_20502193.jpg


心地よい風の中でビールが美味しい。
b0217643_20511248.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-31 20:52 |

2013/8/30 置かれたところで咲きなさい3

【走った距離】  5.91km
【今月の累積距離】  395.94km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 34℃、最低 26℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
苦労しないと見えないものを見せてくれる、人生の穴。

 私たち一人ひとりの生活や心の中には、思いがけない穴がポッカリ開くことがあり、
そこから冷たい隙間風が吹くことがあります。
それは病気であったり、大切な人の死であったり、他人とのもめごと、
事業の失敗など、穴の大小、深さ、浅さもさまざまです。
その穴を埋めることも大切かもしれませんが、穴が開くまで見えなかったものを、
穴から見るということも、生き方として大切なのです。

 私の人生にも、今まで数え切れないほど多くの穴が開きましたし、
これからも開くことでしょう。
たくさんいただいた穴の中で、私か一番つらかったのは、
五十歳になった時に開いた「うつ病」という穴でした。

 かくて病気という人生の穴は、それまで見ることができなかった多くのものを、
見せてくれました。
それは、その時まで気付かなかった他人の優しさであり、自分の傲慢さでした。
私は、この病によって、以前より優しくなりました。
他人の弱さがわかるようになったのです。

b0217643_21494611.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-30 21:51 | 心の使い方

2013/8/29 置かれたところで咲きなさい2

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  387.08km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 33℃、最低 27℃
【体重】  64.7kg
【コメント】
自分自身の心との戦いとしての笑顔、主体性の表れとしての笑顔

 ある時、一人の大学生から葉書をもらいました。
「シスターの心には、波風が立つことはないのですか。いつも笑顔ですが」
私は返事を書きました。
「とんでもない。波風が立つこともあります。
ただ、自分で処理して、他人の生活まで暗くしないように、
気をつけているだけなのです」と。

 笑顔で生きるということに、もう少し自分らしい意味を与えるようになったのは、
三十代になってからの「ほほえみ」という詩との出合いでした。
「お金を払う必要のない安いものだが、相手にとっては、非常な価値を持つものだ」
という言葉に始まる詩は、次のように締めくくられていました。

もしあなたが 誰かに期待した
ほほえみが得られなかったなら
不愉快になる代わりに
あなたの方から ほほえみかけて ごらんなさい
ほほえみを忘れた人ほど
それを必要とする人は いないのだから

 この詩との出合いは、私の笑顔の質を変えました。
チャームポイントとしての笑顔から、他人への思いやりとしての笑顔、
そしてさらには、自分自身の心との戦いとしての笑顔への転換の始まりとなったのです。
それは、ほほえむことのできない人への愛の笑顔であると同時に、
相手の出方に左右されることかく、私の人生を笑顔で生きるという決意であり、
主体性の表れとしての笑顔でした。

 そして、この転換は、私に二つの発見をもたらしてくれました。
その一つは、物事がうまくいかない時に笑顔でいると、
不思議と問題が解決することがあるということです。
もう一つの発見は、自分自身との戦いの末に身についたほほえみには、
他人の心を癒す力があるということです。

b0217643_22251642.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-29 22:26 | 心の使い方

2013/8/27 緑内障21

【走った距離】  5.44km
【今月の累積距離】  387.08km
【ペース】 平均 5'43"/km、 最高 5'27"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 30℃、最低 26℃
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
点眼中の右目が12mmHg、左目が14.5mmHg。
今回も安定。
ただしグラフをよく見ると昨年も一昨年も8月、9月が最も安定していた。
来月からの変動に注意。
b0217643_22434156.jpg


b0217643_2247228.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-27 22:47 | 健康

2013/8/26 置かれたところで咲きなさい1

【走った距離】  6.08km
【今月の累積距離】  381.64km
【ペース】 平均 5'54"/km、 最高 5'16"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 29℃、最低 22℃
【体重】  65.2kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
渡辺和子シスターは1927年生まれなので今年で86歳。
いまだにノートルダム清心学園理事長として活動されていることは嬉しい限り。
渡辺和子さんの本はほとんど読んでいる。
大学の講義の「人間としてどう生きるか 」以外は短いエッセイ。
淡々とした語り口だが、心に残る。
最新刊の「置かれたところで咲きなさい」を読んだ。
100万部を超えるベストセラーで、図書館で順番が回ってくるまでに半年以上掛った。

いただいた詩は、「置かれたところで咲きなさい」の後に続けて、こう書かれていました。
「咲くということは、仕方がないと諦めることではありません。
それは自分が笑顔で幸せに生き、周囲の人々も幸せにすることによって、
神が、あなたをここにお植えになったのは間違いでなかったと、証明することなのです」
 私は、かくて”くれない族”の自分と訣別しました。私から先に学生にあいさつし、
ほほえみかけ、お礼をいう人になったのです。そうしたら不思議なことに、
教職員も学生も皆、明るくなり優しくなってくれました。


境遇を選ぶことはできないが、生き方を選ぶことはできる。
現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。
b0217643_23244684.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-26 23:27 | 心の使い方

2013/8/25 日本酒を飲む会

【走った距離】  20.42km
【今月の累積距離】  375.56km
【ペース】 平均 6'00"/km、 最高 5'30"/km
【天気】 雨のち曇り 
【気温】 最高 27℃、最低 25℃
【体重】  64.0kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
香里園の酒屋 太田屋さん主宰の日本酒を飲む会。
奈良の梅乃宿酒造のお酒と太田屋さんの在庫処分。
3時間、一人5合の長丁場。
b0217643_21555620.jpg


梅乃宿酒造のお酒
b0217643_21564843.jpg


太田屋さんの在庫。レベルは高い。
b0217643_2157287.jpg


会場は香里園の「雄鶏屋」。
b0217643_21574869.jpg


梅乃宿酒造と山野酒造の蔵人さんと話をしながら、
10種類以上の銘柄を楽しんだ。
太田屋さんの酒の会では飲み過ぎた失敗が2回あるので今回も自重。
一人5合のノルマには届かなかったが、無事3時間の飲む会が終了。
雄鶏屋さんの好意で3000円の食事券が貰えるじゃんけん大会があったが、
2本の当りを一緒に参加した石橋さんと私が獲得してしまった。
改めて雄鶏屋さんに「倍返し」に行かないといけない。

2次会はすぐそばの「山ちゃん」。
プレミアムモルツで〆。
b0217643_2158670.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-25 22:00 |

2013/8/24 20世紀少年

【走った距離】  20.33km
【今月の累積距離】  355.14km
【ペース】 平均 5'44"/km、 最高 5'23"/km
【天気】 雨のち曇り 
【気温】 最高 27℃、最低 26℃
【体重】  63.8kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
浦沢直樹の「20世紀少年」22巻、「21世紀少年」2巻を一気読み。 

小学館漫画賞、講談社漫画賞、日本漫画家協会賞大賞、
果ては文化庁メディア芸術祭優秀賞、
ヨーロッパ アングレーム国際漫画祭最優秀長編賞を受賞。

「モンスター」や「プルートー」と同じように「20世紀少年」でも
浦沢直樹が優れたストーリーテラーであることを再確認し、
全24巻を一気に読ませる。
しかし小学生の落書きが現実になり、世界が滅亡するという設定に無理がある。
良くできたマンガではあるが、上記の2作に比べ読後に残るものはない。

主人公は1959年生まれの設定で、私の一つ年長。
鉄人28号、ゴジラの息子、ハットリ君、悪魔君、あしたのジョー、大阪万博などの
トピックスが懐かしい。
b0217643_19252762.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-24 19:27 | 読書

2013/8/23 雷雨

【走った距離】  2.97km
【今月の累積距離】  334.81km
【ペース】 平均 5'53"/km、 最高 5'29"/km
【天気】 晴れのち雷雨 
【気温】 最高 35℃、最低 32℃
【体重】  65.7kg
【コース】
淀駅~会社(片道)
【コメント】
雨が降ろうと台風が来ようとランニングはやめないが、
雷の時だけは自重する。
今夜は雷鳴と稲光が収まらないのでランニングを諦めた。
JRで京都経由で帰ろうとしたら、
落雷による信号トラブルで運行遅れ。
長岡京駅のホームは人であふれている。
JRで高槻まで行き、そこからバスで枚方まで帰ることにした。
高槻に着くと駅前は真っ暗。
落雷で高槻市の25000戸が停電中。
b0217643_22591956.jpg


信号機も停電していたが、
運よく枚方行のバスが2分遅れで到着。

八丁畷の交差点で交通整理をする警官。
b0217643_22593921.jpg


高槻に向かう170号線は大渋滞。
次のパスは大幅に遅れそう。

枚方市駅からの京阪電車は遅延なく運行。

[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-23 23:01

2013/8/22 ダライ・ラマのフェイスブック10

【走った距離】  6.19km
【今月の累積距離】  331.84km
【ペース】 平均 5'50"/km、 最高 5'18"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 37℃、最低 31℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
A compassionate community will not be achieved only through prayer; I pray myself, but I accept its limitations. We need to take action to develop compassion, to create inner peace within ourselves and to share that inner peace with our family and friends. Peace and warm-heartedness can then spread through the community just as ripples radiate out across the water when you drop a pebble into a pond.

思いやりのある地域社会は祈りだけでは築くことができない。私は祈りをささげるが、祈りにも限界があることを認める。我々は思いやり深いこころを育み、自らの内にこころの平和を築き、心の平和を家族や友人と共有することができるよう行動をおこさなければならない。そのような行動をこることによって、こころの平和と心の温かさは地域社会に広がる。ちょうど、池に小石を落とした時にさざ波が放射状に広がるように。
b0217643_22513759.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-22 22:52 | 心の使い方

2013/8/21 ダライ・ラマのフェイスブック9

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  325.65km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 36℃、最低 30℃
【コメント】
From time to time it is also important that religious leaders get together to show that in spirituality we share a message of peace. Because history is marked by incidents of conflict and bloodshed in the name of religion, it is important to work for and to demonstrate harmony among our spiritual traditions.
各宗教のリーダーが時々集まり、平和へのメッセージを精神的に共有していることを示すことは重要である。歴史は宗教の名の下での闘争と流血の事件で刻印されているので、我々の精神的な伝統における調和を実証するために活動することは重要である。
b0217643_2343747.jpg


9
[PR]



by totsutaki2 | 2013-08-21 23:05 | 心の使い方

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧