自省録

<   2013年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧




2013/1/31 村上春樹 雑文集3 音楽

【走った距離】  6.03km
【今月の累積距離】  399.18km
【ペース】 平均 6'11"/km、 最高 5'42"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 12℃、最低 2℃
【体重】  64.3kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
ポップス、ジャズ、ロック...
ドアーズは私も好きです。

○音楽
 1964年まではアメリカのポップミュージックばかり聴いていました。
ビーナボーイズとかね。
当時イギリスのロックは数えるほどしかなかった。
ビートルズが世界に出てくる以前の話だから。
なんで1964年までと憶えているのかというと、その年に、
アートーブレイキ-&ジャズ・メッセンジャーズの来日コンサートを聴きに行って、
ジャズにぶっ飛んだからです。
フレディー・ハバードのトランペット、ウェイン・ショーターのサックス、
レター・ウォルトンーのピアノ、そしてブレイキーのドラム……とにかくすさまじかった。
それからはポップスとジャズの二本立て。
だからポップスはラジオから入って、ジャズはコンサートから入ったことになります。
そして高校生になって、クラシックにも目覚めた。
以後、僕の好きな音楽はずっとこの三本立てできていることになります。

○ザ・ドアーズ
 僕が最初に聴いたジム・モリソンとザ・ドアーズのレコードは
もちろん"Light My Fire"だった。
1967年のことだ。
1967年には僕は18で、高校を出て大学にも予備校にも行かず、
一日中ラジオで口ツクンロールを聴いていた。
他の年と同じようにその年にも実に多くのヒットッングが生まれたが、
"Light My Fire"は僕にとってはいわば例外的に強烈な印象を残した曲だった。
 「ハートに火をつけて」という日本のタイトルはあまりにも明るすぎる。
これはどうしたって
"Light My Fire"でしかないのだ。

Come on baby, Light my fire.
Come on baby Light my fire.
Try to set the night on fire!

さあ、ベイビー、俺に火をつけてくれ
さあ、ベイビー、俺に火をつけてくれ
夜を燃やしちまおうじゃないか!

 僕はこの曲のリフレインの歌詞をそんな風に理解している。
上品に「僕のハートに火をつけ」たり「夜じゅう燃えあがる」のではなくて、
もっと本当にフィジカルに、肉そのものに、夜そのものに火をつけるのだ。
そしてそのような奇妙に直裁的な感覚こそが、
ジム・モリソンという口ック・シンガーの生理なのだ。
この曲の作詞・作曲の殆んどの部分は
ギタリストのロビー・クリーガーによってなされたのだが、
にもかかわらずジム・モリソンの生理は完全にこのポッフなヒットソングを宰配している。
その証拠にジム・モリソン以外のシンガーが歌う"Light My Fire"を聴いてみるがいい。
彼らの歌はうまくいけば誰かのハートに火をつけることができるかもしれない。
しかしジム・モリソン以外のいったい誰が、
肉体そのものに火かつげることができるだろう? 
ミック・ジャガーにだってそんなことはできはしない。
 ジム・モリソンか死んだ時、我々の中のジム・モリソンもま心死んだ。
ジョン・レノンもボブ・ディランもミック・ジャガーも、
ジム・モリソソが残したその空白をひきうけることはできなかった。

○ビートルズ
 60年代70年代を通じて、ビートルズのレコードを買った覚えがない。
ラジオのスイッチをつければいやがおうでもビートルズ・ソングはかかっていたから、
彼らのシンダル・ヒットは全部知っている。
好きなものもあれば、
それほど好きじゃないものもあるけれど(好きなものの方がずっと多い)、
メロディーとタイトルはちゃんと結びついているし、
ピストルを突き付けられて「歌わないと殺す」と言われれば、いちおうは歌える。
でもあえてお金を払ってレコードを買おうと思ったことは、一度としてなかった。
それは僕にとってはあくまで、ラジオをつければ流れてくる「流行りもの」の音楽だった。
そういう音楽は当時の僕にとってはクールじゃなかった。
ベストセラー小説を買わないのと同じように、ビートルズのレコードは買わなかった。
 生まれて初めてビートルズのレコードを買ったのは、
1980年代に入ってからだったと記憶している。
日本を出て2、3年ヨーロッパに暮らしていたときに突然、
あたかも理不尽な性欲に路上で襲われるみたいに無性にビートルズの歌が聴きたくなって、
現地でカセットテープを買って聴いた。
不思議にそのときいちばん聴きたくなったのは「ホワイト・アルバム」で、
ギリシヤの何もない小さな島に住んでいるときには、
ラジカセでこればかり延々と聴いていた。
というようなわけで、最初に耳にしたときから二十年の歳月を経てやっと、
ビートルズの音楽っていいなあと初めて実感したわけだ。

b0217643_22472620.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-31 22:49 | 読書

2013/1/30 村上春樹 雑文集2 「壁と卵」

【走った距離】  5.73km
【今月の累積距離】  393.15km
【ペース】 平均 5'54"/km、 最高 5'45"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 10℃、最低 5℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
村上春樹は日本では公の場所に出ることはほとんどない。
一市井の人として地下鉄やJRに乗る自由を失いたくないため。
しかし海外ではよほどマスコミに取り上げられたところで
東京の地下鉄に乗れなくなるようなことはないため、
公の舞台に登場することが多い。

「壁と卵」はエルサレム賞受賞のあいさつ。
村上春樹のおそらくもっとも有名、かつ重要なスピーチ。
作家としての覚悟が表明されている。

パレスチナを攻撃中のイスラエルから賞をもらうことに対して、
多くの反対を受けた。それにもかかわらず、エルサレムに向かった。

 ビデオで『真昼の決闘』を何度も繰り返し見て、それから意を決して空港に向かったことを覚えています。

受賞スピーチより。

 小説家はうまい嘘をつくことによって、本当のように見える虚構を創り出すことによって、
真実を別の場所に引っ張り出し、その姿に別の光を当てることができる。
しかし本日、私は嘘をつく予定はありません。
できるだけ正直になるうと努めます。
私にも年に数日は嘘をつかない日がありますし、今日はたまたまその一日にあたります。

 熟考したのちに、ここに来ることを私はあらためて決意いたしました。
そのひとつの理由は、
あまりに多くの人が「行くのはよした方かいい」と忠告してくれたからです。
小説家の多くがそうであるように、私は一種の「へそ曲がり」であるのかもしれません。
「そこに行くな」「それをやるな」と言われると、とくにそのように警告されると、
行ってみたり、やってみたくなるのが小説家というもののネイチャーなのです。
なぜなら小説家というものは、どれほどの逆風が吹いたとしても、
自分の目で実際に見た物事や、自分の手で実際に触った物事しか
心からは信用できない種族だからです。

 もしここに硬い大きな壁があり、そこにぶつかって割れる卵があったとしたら、
私は常に卵の側に立ちます。
 そう、どれほど壁が正しく、卵が間違っていたとしても、
それでもなお私は卵の側に立ちます。
正しい正しくないは、ほかの誰かが決定することです。
あるいは時間や歴史が決定することです。
もし小説家がいかなる理由があれ、壁の側に立って作品を書いたとしたら、
いったいその作家にどれはどの値打ちがあるでしょう?
 こう考えてみて下さい。
我々はみんな多かれ少なかれ、それぞれにひとつの卵なのだと。
かけがえのないひとつの魂と、それをくるむ脆い殻を待った卵なのだと。
私もそうだし、あなた方もそうです。
そして我々はみんな多かれ少なかれ、
それぞれにとっての硬い大きな壁に直面しているのです。
その壁は名前を持っています。
それは「システム」と呼ばれています。
そのシステムは本来は我々を護るべきはずのものです。
しかしあるときにはそれが独り立ちして我々を殺し、我々に人を殺させるのです。
冷たく、効率よく、そしてシステマティックに。

 私が小説を書く理由は、煎じ詰めれぱただひとつです。
個人の魂の尊厳を浮かび上がらせ、そこに光を当てるためです。
我々の魂がシステムに絡め取られ、貶められることのないように、
常にそこに光を当て、警鐘を鳴らす、それこそが物語の役目です。
私はそう信じています。
生と死の物語を書き、愛の物語を書き、
人を泣かせ、人を怯えさせ、人を笑わせることによって、
個々の魂のかけがえのなさを明らかにしようと試み続けること、
それが小説家の仕事です。
そのために我々は日々真剣に虚構を作り続けているのです。

b0217643_223451.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-30 22:07 | 読書

2013/1/29 村上春樹 雑文集1

【走った距離】  6.13km
【今月の累積距離】  387.42km
【ペース】 平均 5'42"/km、 最高 5'19"/km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 9℃、最低 2℃
【体重】  65.2kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
以前にも書いたが、私の継続して読んでいる現代作家は、
大江健三郎、村上春樹、高村 薫。
年末年始は村上春樹の「雑文集」と
「インタビュー集:夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」
を読んだ。
つまり「チャップリン」と「村上春樹」三昧で過ごした。

「雑文集」はデビュー以来のインタビュー、挨拶、序文、音楽論、書評、人物論などのうち、
未発表のものを集めた本。
雑文でもこれだけの表現、文章!

○物語とは?
 仮説の行方を決めるのは読者であり、作者ではない。物語とは風なのだ。
揺らされるものがあって、初めて風は目に見えるものになる。

 物語とは魔術である。
ファンタジー小説風に言えば、我々小説家はそれをいわば「白魔術」として使う。
一部のカルトはそれを「黒魔術」として使う。
我々は深い森の中で、人知れず激しく切り結ぶ。
まるでスティーヴン・キングのジュヴィナイル小説のシーンのようだけれど、
ある意味ではそのイメージは真実にかなり近接しているはずだ。
なぜなら物語の持つ大きな力と、その裏側にある危険性を誰よりもよく承知しているのは、
小説家であるからだ。
継続性とは道義性のことでもあるのだ。
そして道義性とは精神の公正さのことだ。


○早稲田大学坪内逍遥大賞受賞のあいさつ
 僕はたまたまというか、全部で七年間、早稲田大学に在籍しておりました。
まあいろんな事情がありまして七年もいたんですが、
そのあいだに大学から親切にしてもらったという記憶か一切ありません。
もちろん、こっちもずいぶんひどいことをしていたので、
文句を言える筋合いはまったくないんですが、
でも今になって突然というか、出し抜けにこんな親切なことをしていただくと、
半信半疑というか、「本当にいいのだろうか」という気がして、
どうも落ち着かない気分です。
さっきからずっとそこの椅子に座っていたんですが、なんだか座り心地が悪かった。

b0217643_2258019.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-29 22:59 | 読書

2013/1/28 大江健三郎 「水死」

【走った距離】  5.93km
【今月の累積距離】  381.29km
【ペース】 平均 6'09"/km、 最高 5'35"/km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 6℃、最低 2℃
【体重】  65.3kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
大江さんの小説は全て読んでいるが、昔に比べると格段に読みやすくなった。
昔の作品は1つの文章が1ページ以上続くことも稀ではなかった。
しかも英語の関係詞の構文を多用しているので、
どの語句につながっているのか判断するのが難しかった。
大江さんは英語で考えた文章を和訳して原稿用紙に書いているのではないか、
という説もあった。
最近の大江さんの小説は、今回の「水死」も含め、自然な文章なので、読みやすい。
極端に長い文章や関係詞を使った構文はない。
(つまり、若いころはわざと難しい文章を書いていたのだ。)
しかし、それでも親切とは言えない。
読者が増えることはない。
大江さんの小説は、SF作品以外はすべていわゆる私小説で、
過去の数十冊の自分の本を引用しながら書いている。
昔の本をベースにしてストーリーが展開されるため、
初めての読者はまず理解ができない。
今回の「水死」では「臈たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ」、
「みずから我が涙をぬぐいたまう日」は最低読んでいないと、理解ができない。
できれば「新しい人よ眼ざめよ」、「奇妙な仕事」、
「取り替え子(チェンジリング)」ぐらいは読んでおきたい。
さらに「万延元年のフットボール」、「同時代ゲーム」も通奏低音として押さえておきたい。
かくして大江さんは読者は増えず、
新刊の印税が入らないという問題を経験することになる。
今回の小説には次のような台詞がある。

私らが生まれた時、すでに長江(大江)さんの最盛期は終わってたんです。
しかもそういう子供が同時代の日本文学を読み始めるとすれば、
十八、九を過ぎてからで、どう考えても、長江さんは私らの作家ではありませんでした。

それはその通り。これは長江さんとしての本格小説ではある。
文体にしても構造にしてもさ。
しかし、この十年、十五年、長江さんのすべての長編がこの調子じゃないの? 
基本的には語り手=副主人公が……時には主人公である人物すらが……
みな作家自身に重ねてある。
それはやはりやりすぎじやないの? 
小説らしい小説と受けとめられるだろうか? 
一般的にいって、小説らしい小説を読みたい読者を取り込めない。
どうしてこのように、世界を狭く限られるんですか?


もし過去の大江さんの小説を読んでいる人であれば、
今回の「水死」はお勧めです。

アカリさんとの葛藤はすでにごまかしがきかないレベルに達している。
新しいキャラクターの「ゆないこ」も小説をヴァイタルにすることに成功した。
さらに「ウナイコ」のおかげで忘れえぬクライマックスとなった。
大江さんの本の中ではもっとも読者を急き立てるサスペンス仕立てになっている。

大江さんはこの小説が最後になることをにおわせているが、私には信じがたい。
この小説にも書いているように、
大江さんなら痴呆症になっても書き続けるのではないかと思う。
b0217643_22194452.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-28 22:20 | 読書

2013/1/27 ベルギービール古酒


【天気】 快晴 
【気温】 最高 6℃、最低 -1℃
【体重】  63.8kg
【コース】
自宅~豊里大橋
【コメント】
古いベルギービールをチェック。
シメイブルー、ロシュフォール10、オルヴァル。
2年間寝かせた結果は・・・
泡は普通通り(炭酸は抜けていない)。
アルコール度数は少し減っているたかも。
(シメイブルー、ロシュフォール10、オルヴァルの3本を開けても平気)
味わいは古酒に変化している。
それぞれまだ3本あるのでもう少し置いてみよう。
b0217643_1892849.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-27 18:09 |

2013/1/26 ボウモア

【走った距離】  28.14km
【今月の累積距離】  356.37km
【ペース】 平均 6'20"/km、 最高 5'41"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 6℃、最低 2℃
【体重】  64.9kg
【コース】
自宅~毛馬
【コメント】
ボウモア(BOWMORE)。
元祖アイラ島モルトウィスキー(The first Islay Malt)。

スモーキーなピート臭が魅力のラフロイグに比べるとピート臭は控えめだが、
その代わりに甘くフルーティなテイストが楽しめる。
親会社のサントリーのコピーは
「海の香りと甘さのベストバランス。
アイラモルトの女王。」
女性的な優しいモルトである。

村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」より

 ボウモアは非常に「古式豊かな」作り方をしている。
頑固というか、いくら時代が移ってもやり方を変えない。
手動の「すきかえし」を行なう自然のフロア・モルティングから、
昔ながらの木製の樽をつかった発酵槽、
けっしてフォークリフトを使わずに
人の手だけを使ってそっと優しく樽をころがして移動する熟成倉庫。
働いている人々の多くは年寄りだ。
彼らはアイラで生まれ、アイラで育ち、アイラで生涯を終えることになるのだろう。
彼らは誇りと喜びをもってここで仕事をしている。
それは顔つきでわかる。
「樽の音聴き」一筋のおじさんのもっている木槌は三分の一くらいすり減っていた。
働いている人の総数はあれこれふくめて八十人近い。
いつまでこのような伝統的な(そしてかなり非効率的な)システムが
現実に維持できるのか、僕にはわからない。
しかし維持されているかぎり、その美しい静けさは変わらずそこにあるだろう。
その静けさを乱すのは岸壁に砕ける波の音と、
おじさんが時折木槌で樽を叩く音だけだろう。
 実際に飲んでみると、ボウモアのウィスキーにはやはり人の手の温もりが感じられる。
「俺が俺が」という、直接的な差し出がましさはそこにはない。
ひとことで「これはこうだ」と言い切れるようなキャッチーな要素は希薄である。
そのかわり、暖炉の火の前で、古く懐かしい手紙を読んでいるときのような
静かな優しさ、懐かしさが潜んでいる。
にぎやかなところで飲むよりは、
馴染んだ部屋で、馴染んだグラスで、一人で穏やかに飲みたい酒だ。
その方が味がずっと生きてくる。
シューベルトの良い室内楽を聴くときのように、
目を閉じて息を長くとって味わったほうが、味の底が一枚も二枚も深くなる。

b0217643_19164098.jpg


琥珀色の輝き
b0217643_19173613.jpg


ラフロイグとボウモア
b0217643_19174691.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-26 19:18 |

2013/1/25 La Galine - Lorgeril Syrah 

【走った距離】  5.75km
【今月の累積距離】  328.23km
【ペース】 平均 5'26"/km、 最高 5'20"/km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 6℃、最低 3℃
【体重】  64.9kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
年末にグリューヴァインを買った時に、
「2本なら10%引きですよ。」
という店員さんの声に釣られて久しぶりに買ったワイン。
1000円以下の安ワイン。
フランス南部、地中海に面するラングドック=ルシヨン地区。
安ワインの産地。
奥行きがない、華がない。
まさにお茶代わりのテーブルワイン。
b0217643_22412653.jpg


b0217643_22413168.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-25 22:44 |

2013/1/24 ダライ・ラマのツイッター39

【走った距離】  5.82km
【今月の累積距離】  322.48km
【ペース】 平均 5'37"/km、 最高 5'22"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 11℃、最低 3℃
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
The real source of inner strength and self-confidence is warm-heartedness.

こころの強さと自信の本来の根源は心の温かさです。

We forget that despite the superficial differences between us, people are equal in their basic wish for peace and happiness.

我々の外見の違いはあっても、平和と幸福を望む根本的な気持ちは変わらないことを忘れている。

We live in a world in which we are dependent on others; we cannot expect to fulfil our goals while disregarding others’ needs.

我々は互いに他のひとに頼っている世界で暮らしている。他のひとが求めることを無視して自分の希望を満たそうと思ってはいけない。

Just as we encourage physical hygiene to preserve our health, we also need a sense of emotional or mental hygiene too.

我々の健康を保つために身体の衛生を心掛けるように、感情やこころの衛生に対する感覚も必要である。

Compassion, tolerance, forgiveness and a sense of self-discipline are qualities that help us lead our daily lives with a calm mind.

思い遣り、寛容、許容、自己研鑽の心を持つことによって、我々が静かな心で日々を送ることができる。
b0217643_21501990.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-24 21:52 | 心の使い方

2013/1/23 ダライ・ラマのツイッター38

【走った距離】  5.7km
【今月の累積距離】  316.66km
【ペース】 平均 5'52"/km、 最高 4'54"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 9℃、最低 3℃
【体重】  64.9kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
On a simple level we find that if we have a compassionate heart we naturally have more friends.

我々は思いやりを持てばたくさんの友達ができることに簡単なレベルで気が付く。

Scientists are discovering that while anger and hatred eat into our immune system, warm-heartedness and compassion are good for our health.

怒りと嫌悪が我々の免疫システムを侵食し、温かい心と思いやりが我々の健康に良いことを、科学者は発見しようとしている。

Through education we have to lead people to see that concern for others is actually in their own interest.

教育を通じて我々は、他人に対する心配りが自分自身のためになることを理解するように、人々を導かねばならない。

To utilize our intelligence correctly a calm mind is very important.

我々の知性を正しく使うには、こころの平静が非常に重要である。

Compassion brings peace of mind and with it better health; so cherish compassion.

思いやりは心の平和をもたらし、心の平和によってさらなる健康が得られる。だからこそ思いやりの心を育みなさい。
b0217643_22341896.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-23 22:35 | 心の使い方

2013/1/22 ダライ・ラマのツイッター37

【走った距離】  5.8km
【今月の累積距離】  310.96km
【ペース】 平均 5'36"/km、 最高 4'51"/km
【天気】 雨のち曇り 
【気温】 最高 11℃、最低 7℃
【体重】  64.3kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
A great Tibetan teacher of mind training once remarked that one of the mind’s most marvelous qualities is that it can be transformed.

チベットの精神の鍛錬の大先生の話です。こころの最も驚嘆すべき特質の一つは変容できることです。

Co-operation comes from friendship, friendship comes from trust, and trust comes from kind-heartedness.

協力は友情から生まれる。友情は信頼から生まれる。そして信頼は思いやりから生まれる。

Past history clearly shows that violence cannot solve problems.

過去の歴史は暴力では問題は解決しないことを明確に示している。

When you are warm-hearted, there is no room for anger, jealousy or insecurity.

もしあなたの心が温かいなら、怒りや嫉妬や不安の生じる余地はありません。

I always try to share with others the idea that in order to become compassionate it is not necessary to become religious.

私はいつも次のような考えを他の人と共有しようと努めています。思いやり深くなるためには信仰は必ずしも必要ではない。
b0217643_21591356.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2013-01-22 22:00 | 心の使い方

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧