自省録

<   2012年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧




2012/5/31 源ベエさんの生酒 吟醸

【走った距離】  8.45km
【今月の累積距離】  284.6km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 26℃、最低 15℃
【体重】  65.1kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
「鳥せい」の隣の売店「神聖観光案内処」を覗いたら新しい酒が並んでいた。
源ベエさんの生酒 吟醸

「鳥せい」の「源ベエさんの生原酒」と同じかと尋ねると、
あちら(「生原酒」)は普通酒、
こちら(「生酒」)は吟醸酒だからこちらの方が上等とのこと。
たしかに「生原酒」よりははるかにおいしい。
なぜ「鳥せい」でこれを出さないのだろうか?
b0217643_2323065.jpg


精米歩合60%
アルコール分18度
2012年5月製造

「たれ口」のような濃密さはない。
「神聖 山田錦 純米吟醸 無濾過生原酒」のような淡麗さもない。
しかしよい吟醸香と神聖独特の味わいが楽しめる。
これは11月まで作るとのこと。
シーズンオフに作る掟破りの日本酒だが、
夏に生原酒が飲めるのは有難い。
b0217643_2324129.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-31 23:04 |

2012/5/30 ダライ・ラマのツイッター26

【走った距離】  8.16km
【今月の累積距離】  276.15km
【天気】 くもり 
【気温】 最高 23℃、最低 15℃
【体重】  65.1kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
The quality of everything we do: our physical actions, our verbal actions, and even our mental actions, depends on our motivation.

我々のすべての行動(身体の行動、ことばの行動、さらにこころの行動)の質を高められるかどうかは我々の動機次第である。

Human values like democracy, freedom of speech and freedom of the individual, these are changes whose momentum cannot be stopped.

民主主義や言論の自由、個人の自由などの人類の価値は、その流れを止めることができない変化である。

Genuine friendship depends on genuine affection and taking a sense of responsibility for each other.

本物の友情は本物の愛情とお互いに責任を負う気持ちに依る。

The ultimate source of happiness is not money and power, but warm-heartedness.

究極の幸せの源はお金でも権力でもなく心の温かさである。

Cultivating inner discipline is something that takes time; expecting rapid results is simply a sign of impatience.

こころを鍛錬する習慣を育むのには時間がかかる。結果がすぐに出ることを望むのは忍耐力がないことの表れである。
b0217643_23403268.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-30 23:41 | 心の使い方

2012/5/29 ダライ・ラマのツイッター25

【走った距離】  8.28km
【今月の累積距離】  267.99km
【天気】 曇り時々雨 
【気温】 最高 24℃、最低 17℃
【体重】  65.0kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
Fear, hatred, and suspicion narrow your mind ? compassion opens it.

恐怖と憎しみと疑いで心が狭くなっている?思いやれば心が広がるよ。

Even our personal virtues, such as patience and our sense of ethics, are all developed in dependence upon others.

個人的な美徳、たとえば忍耐力や倫理観、は他人のおかげで高めることができる。

Once you realize that compassion is useful, that it is something really worthwhile, you immediately develop a willingness to cultivate it.

思い遣りが強力で、本当に価値のあるものだとと分かれば、思いやりを育てる気持ちを高めることができる。

Actively promoting the positive inner qualities of the human heart will be appreciated by all.

積極的な内なるこころの資質を活発に高めようとすれば誰からも褒められる。

Unlike the body, when it comes to training the mind, there is no limit to how far we can go.

身体と違い、心を鍛えるときには、いくら鍛えても限界がない。
b0217643_23564433.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-29 23:57 | 心の使い方

2012/5/27 かつ廣のビール

【走った距離】  39.55km
【今月の累積距離】  251.22km
【ペース】 平均 6'28"/km、 最高 5'35"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 28℃、最低 22℃
【体重】  62.8kg
【コース】
豊里大橋~枚方新橋、淀駅~会社、会社~伏見
【コメント】
会社帰りに伏見までランニング。
まず「鳥せい」を覗いたが、人が道路まであふれていた。
観光案内処で酒を仕入れて「かつ廣」へ。
「鳥せい」で日本酒を飲めなかったので生ビールを頼んだが、
ムースのようにきめが細かく、美しい泡に驚いた。
飲んでさらに感心した。
雑味や雑臭がなくすっきりとしたマイルドな味わい。
キリン一番搾りがこんなにおいしいとは知らなかった。
日本でもドイツでもベルギーでも泡を見ればその店のビールへのこだわりがわかる。
飲まないでも味が期待できる。
「かつ廣」には何度も来ているが、
こんなにおいしいビールを飲ませるとは思わなかった。
何か工夫をしているのかとおばさんに尋ねると、
特別なことは何もしていないが、
サーバーの掃除を常に欠かさないこと、
3日以上経ったビールは出さないことを守っているとのこと。
3日以上経ったら自宅にあるサーバーに移して、自分で飲んでいるそう。
私だけではなく、感動するお客さんがよくいるそうである。
当たり前のことだが手を抜かない、プロのこだわり。
小さな店だが立派だと思う。

芸術的な泡。
b0217643_20262999.jpg


やはりこだわりの特選ロースカツとともに。
b0217643_20271448.jpg


キリンからもらったというポスター。
「どこの店にも出すわけではないですよ」とのこと。
b0217643_20265133.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-27 20:30 |

2012/5/26 命あるかぎり

【走った距離】  21km
【今月の累積距離】  211.67km
【ペース】 平均 5'43"/km、 最高 5'12"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 27℃、最低 18℃
【体重】  64.2kg
【コース】
淀川新橋~鳥飼大橋、淀駅~会社
【コメント】
河野義之
「命あるかぎり 松本サリン事件を超えて」

松本サリン事件は、1994年に松本市で、
オウム真理教によって化学兵器のサリンが散布され、
死者8人・重軽傷者660人を出した事件。
河野 義行さんは松本サリン事件の被害者。
自分は中毒で1か月入院、妻は意識が戻らなかった(2008年永眠)。
河野さんについて驚かされることは、
サリンの噴霧器を作った元信者に妻の見舞いと庭の手入れを毎月してもらっていたこと。

元信者の藤永さんは獄中で河野さんの手記を読み、
どうしても謝りたいという気持ちになった。

献花を終えた後、藤永さんを自宅に招くと
緊張でがちがちに体をこわばらせていた。
それは見ているだけで気の毒なほどだった。
居間に通すと、
「ここに訪ねてこられる立場ではありません。
でも、早く花束を持って訪れたいと思っていました...」
そういうだけが精いっぱいで、後はうつむいてしまった。

河野さんにとっては、奥さんの回復を願うことがすべて。
藤永さんのやったことに対しての恨みはなにひとつなかった。
第一刑期を終えてきているわけだから、社会的にも罪の償いは終わっている。
「あんたもツイてないね」
そう言うとようやく彼の表情も晴れてきた。

尊く、強く、正しく、清い心の持ち主である。
b0217643_19343414.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-26 19:28 | 心の使い方

2012/5/25 京の純米酒 平清盛

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  190.67km
【天気】 くもり
【気温】 最高 20℃、最低 18℃
【体重】  64.2kg
【コメント】
京の純米酒 平清盛

神聖で期間限定という言葉に釣られて買ったが、
久しぶりにおいしくない日本酒を飲んだ。

精米歩合70%
アルコール分15度

しかしこれでも精米歩合70%。
30%は削られている。

吟醸が贅沢過ぎて
これが本当の日本酒の味かもしれない。

少ない精米の美味しい日本酒を探したい。
b0217643_2344989.jpg


b0217643_23442887.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-25 23:52 |

2012/5/24 神曲6 ダンテ・アリギエーリ

【走った距離】  8.17km
【今月の累積距離】  190.67km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 27℃、最低 20℃
【体重】  64.2kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
神曲の作者ダンテは1265年、トスカーナ地方のフィレンツェで生まれた。

9歳の時、春の祭りで同い年の少女ベアトリーチェに出会い、
魂を奪われるかのような感動を覚えた。
18歳の時、街で出会い、一言も交わさず会釈してすれ違った。
以来ダンテはベアトリーチェに恋焦がれた。
50歳を過ぎてから執筆した『神曲』天国篇で
ベアトリーチェを天国に坐して主人公ダンテを助ける永遠の淑女として描いた。

13世紀の北部イタリアは、ヴェネツィアを除く自治都市は
教皇派と皇帝派に分かれていたが、
フィレンツェは教皇派だった。
さらに教皇派の中でも、富裕市民層から成る「白党」と、
封建貴族支持の「黒党」に分裂していたが、
「白党」に属したダンテは35歳の時、
政争に敗れてフィレンツェを追放され、2度と戻ることはなかった。

各都市の間を孤独に流浪しながら書いた「神曲」では
ベアトリーチェに対する賛美とともに、
自分を追放した黒党および腐敗したフィレンツェへの痛罵が語られている。
またダンテを陥れた人物は、たとえローマ教皇であろうと地獄界に堕とし、
そこで罰せられ苦しむ様子も描かれている。

1321年に『神曲』の全篇を完成させた直後、
ヴェネツィアへの長旅の途上でマラリアに掛り、
ヴェローナで客死した。

フィレンツェ ウッフィツィ広場のダンテ像。
b0217643_21193064.jpg


フィレンツェ サンガ・クローチェ広場のダンテ像。
b0217643_21214347.jpg


フィレンツェ ダンテの生家。
b0217643_21231936.jpg


b0217643_21233351.jpg


ダンテの書斎。
ここで「神曲」を執筆したわけではない。
b0217643_21242611.jpg


ポンテ・ヴィッキオから眺めるアルノ川の夕日。
b0217643_2125244.jpg
<br clear=all>

[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-24 22:39 | 読書

2012/5/23 神曲5 カエサル

【走った距離】  7.98km
【今月の累積距離】  182.5km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 27℃、最低 19℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
神曲はキリスト教の世界観の叙事詩。
しかしアウグストゥス時代の詩人ヴェルギリウスなど、
多くの多神教を信仰したローマ人が登場するのが、
いかにもルネサンスらしくて面白い。

ガイウス・ユリウス・カエサルについては
皇帝ユスティニアヌスがカエサルとポンペイウスの争った「内乱記」を
以下のように語った。

「ついで、天が全世界を、おのれのごとく穏しい状態にしようと欲した時に程近く、
 チェーザレ、ローマの意こうもだしがたく、これを秉る。
して、それがヴァーロからレーノに亘ってなしとげたいさおしを、
 イサーラとエーラは見た、センナも見た、ロダーノ流域の谷という谷もまた。
ラヴェンナから出撃、ルビコンを跳び越えたあとの、
 電光石火のそのはやわざは、舌も筆も及ぶところでない。  
施旗、スパーニャヘと軍勢の鋒先を向けさせるかと見れば、
 反転、ドゥラッツォを急襲、たちまちファルサーリアに痛撃を加え、
 ために水熱き二ーロも呻く。
おのが発祥の地アンタンドロとシメオンタに再会、
 エットレのなきがら眠る佳城も見たあと、
 施旗は再び身を震わす、げにトロメオには禍いなるかな!
しかるのち電光一閃、ユバに襲いかかったが、
 忽ちそこもとらの西に旋回、かしこにてポンペオの小角を聞く。
次の旗手にさせたその所業については、ブルートとカッシオが地獄でわめく。」


地獄の中心には三面の顔を持つルチフェロ(サタン)が三罪人を噛み締めながら、
氷の中に永遠に幽閉されている。
三罪人とは、イエス・キリストを裏切ったイスカリオテのユダ、
カエサルを裏切ったブルータスとカシウスの三人である。

ルネサンスの人、ダンテ・アリギエーリにとってはカエサルの暗殺は
キリストの密告に匹敵するほどの大罪だったのだろう。
b0217643_20521725.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-23 21:51 | 読書

2012/5/22 ミュンヘンで見た花

【走った距離】  8.05km
【今月の累積距離】  174.52km
【ペース】 平均 '"/km、 最高 '"/km
【天気】 曇り 
【気温】 最高 24℃、最低 19℃
【体重】  65.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
ミュンヘンではマロニエとリラが満開だった。

マロニエ。
ベルギーではこんなに大きなマロニエを見たことがなかった。
b0217643_20191336.jpg


b0217643_20195414.jpg


リラ。
b0217643_2020727.jpg


b0217643_2020211.jpg



b0217643_20212555.jpg


チューリップ
b0217643_20214644.jpg


b0217643_2022863.jpg


b0217643_20221918.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-22 23:13 | 旅行

2012/5/21 生駒で見た花、昆虫

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  166.47km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 25℃、最低 19℃
【体重】  65.3kg
【コメント】
今朝は始業前に金環食を見た。
黄昏時のような日差しの中、サングラスで太陽が欠けてゆき、
リングがつながり、再び切れてゆくのを眺めた。

昨日生駒で見た花


b0217643_19575576.jpg



b0217643_19583437.jpg


山法師
b0217643_2005349.jpg



b0217643_201272.jpg


オニヤンマ
45年ぶりに見た。
b0217643_2042179.jpg










[PR]



by totsutaki2 | 2012-05-21 20:05 | ハイキング

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧