自省録

<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧




2011/11/30 オーストリアでのランニング

【走った距離】  10.73km
【今月の累積距離】  186.525km
【ペース】 平均 5'29"/km、 最高 4'54"/km
【天気】 霧
【気温】 最高 5℃、最低 -2℃
【体重】  66.8kg
【コース】
オーストリア、フィラハ
b0217643_234171.jpg


【コメント】
ヨーロッパ出張中はオーストリアで1回だけ仕事前に走ることができた。
b0217643_23412417.jpg


朝の気温は零下2度。
しかし今年は降水量が少ないため雪がない。
b0217643_2341501.jpg


b0217643_23422644.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-30 23:42 | ランニング

2011/11/20 神戸マラソン結果分析

【走った距離】  42.195km
【今月の累積距離】  175.795km
【ペース】 平均 5'5"/km、 最高 4'46"/km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 19℃、最低 18℃
【体重】  63.8kg
【コース】
神戸マラソン

景色はあまり期待していなかったのだが、
大漁旗をたなびかせた漁船の浮かぶ須磨浦、
明石海峡大橋を目指す舞子、
神戸港を俯瞰する浜手バイパス、
神戸の街並みを望むポートアイランドなど
好天に恵まれたこともあるが、
私の走った中では日本で最も美しいコースである。
風はきつかったが、向かい風も逆風も気持ちよかった。
沿岸コースのため坂は大阪よりは多い。
特に最後の浜手バイパスは疲れた脚には難関。
b0217643_19192627.jpg


【コメント】
20回目のフルマラソンの結果は
3時間35分18秒。
平均ペース:5分5秒/km。
大阪よりも少し落ちたが自己第3位の記録。
頭打ちともとれるが、ここは安定して走れると考える。
b0217643_1919418.jpg


5km毎のラップは
5km25:55
10km24:14
15km24:38
20km24:26
25km24:31
30km25:06
35km25:57
40km27:14
最初の5kmは混雑してペースが上がらなかったが、
25kmまでは狙い通りのペースを維持。
しかし今回も30km以降脚が伸びなかった。

過去4大会の比較。
今回の神戸は先月の大阪とほとんど同じペース配分で走れていることがわかる。
35kmまでは大阪と同じようなタイムになりそうだったが、
浜手バイパスで脚が攣りそうになったため自重した。
b0217643_19195293.jpg


スタート前のフラワーロード。
b0217643_1920833.jpg


準備の整った朝のルミナリエ会場。
b0217643_19202144.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-20 19:20 | ランニング

2011/11/19 神戸マラソン前日

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  133.6km
【天気】 大雨 
【気温】 最高 21℃、最低 15℃
【コメント】
雨の中、神戸マラソンの受付に行く。

ワールド記念ホール。
b0217643_20375038.jpg


内部の受付会場。
b0217643_2038564.jpg


隣接の国際展示場のマラソンエキスポ。
アシックスとシダックスのみの小規模なエキスポ。
雨のためか、大阪マラソンのような興奮は感じられなかった。
b0217643_20381930.jpg


ナンバープレートをウェアに付ける。
b0217643_20392764.jpg


小学生の手書きの絵手紙がうれしい。
1位は難しいかな?
b0217643_20394172.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-19 20:39 | ランニング

2011/11/17 自省録8

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  127.14km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 19℃、最低 8℃
【コメント】
マルクス・アウレリウス・アントニヌス「自省録」 最終回

⑦霊性

自らの内なるもの
すでに今から
もっとも優れた人間の一人であるべく努める人間は、
いわば一種の祭司であり、
神々の仕えびとであって、
また自分の内に座を占める者にも奉仕するのである。
そのうちなる者は
人間が快楽に染まぬように、
いかなる苦痛にも傷かぬように、
いかなる危害の手も届かぬように、
いかなる悪にも無感覚であるように守り、
彼を最大の競技―
すなわちいかなる激情にも打ち負かされぬ
という競技における選手となし、
また彼を正義の中に徹底的に浸して、
すべての出来事や
自分に運命づけられた事柄を
心の底から歓迎するような人間となし、
特に必要な場合や
公共のための場合を除いては、
他人が何をいい、
何をおこない、
何を考えているかについて
めったに考えもしないようにする。
このような人間は
自分に関係したことのみを活動の対象となし、
宇宙全体を織りなすものの中から
自分にふりあてられているものについて
たえず思いをひそめている。
そして自分の務は
これをよく果すようにつとめ、
自分に与えられている運命は
善であることを確信している。
なぜならば、
各人に与えられている運命は
宇宙の秩序の中に含まれ、
またその中に
宇宙の秩序をも含むのである。

ト・ヘーゲモニコン
「私は今自分の魂をなんのために用いているか。」
ことごとに
この質問を自分にたずね、
つぎのように自分をしらべてみるがよい。
「指導理性(ト・ヘーゲモニコン)と呼ばれる私の内なる部分は、
私と今どういう関係にあるか。
そして今
私はだれの魂を持っているのか。
子供の? 
青年の? 
弱い女の?
暴君の? 
家畜の? 
野獣の?」

完全な平安
すべて
心をみだすような考えや
親しみのうすい考えを追い払って抹殺し、
ただちに完全な平安にはいるのは
なんとたやすいことであろう。

理性的な魂
理性的な魂の特徴。
自己をながめ、
自己を分析し、
意のままに自己を形成し、
自己の結ぶ実を自ら収穫し、
人生の終止符がいずこにおかれようとも
自己固有の目的を達成する。
理性的な魂は、
あらゆる場合において、
またいずこで不意打を喰おうとも、
限前におかれた任務を
完全な欠くるところなきものになし、
したがって
「私は自分のものを完全に所有している」
といえるのである。
その上、
理性的な魂は
全宇宙とその周囲にある虚空をへめぐり、
その形を究め、
時の無限の中に身をのばし、
万物の周期的再生を包容し考究し、
我々の後にくる子孫といえども
なに一つ新しいものを見ないであろうこと、
我々より前にいた祖先たちも
なに一つ我々よりも多くのものを見たわけではないことを悟るのである。
かように万物は同一であるから
少しでももののわかった男なら
過去に存在したもの
および未来に存在するであろうものを
ことごとく見たわけなのである。
更に理性的魂の特徴には、
隣人を愛すること、
真実、
慎み、
なににも優って自己を尊ぶこと
等がある。

マルクス・アウレリウス・アントニヌスが没した
ウィンドボナ(ウィーン)、ドナウ川
b0217643_2321781.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-17 23:24 | 心の使い方

2011/11/16 自省録7

【走った距離】  6.61km
【今月の累積距離】  127.14km
【天気】 快晴 
【気温】 最高 16℃、最低 10℃
【体重】  64.8kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
マルクス・アウレリウス・アントニヌス「自省録」のつづき

⑥死生観

死生観
私は形相因と物質から成っている。
これらのいずれも消滅して無に帰してしまうことはない。
また同様にいずれも無から生じたものではない。
かように私のあらゆる部分は
それぞれ変化によって宇宙のある部分に配分され、
つぎにそれが新たに宇宙のほかの部分に変えられる、
という風に無限に続いて行く。
私が生まれてきたのも
やはりこのような変化によるのであって、
私の両親も然り、
という具合にもう一つの無限にさかのぼって行く。
たとえ宇宙が一定の周期に支配されているとしても、
以上のごとくいうのになんの差支えもない。

祇園精舎の花の色...
存在するもの、
生成しつつあるものが
いかにすみやかに過ぎ去り、
姿を消して行くかについて
しばしば瞑想するがよい。
なぜならすべての存在は
絶え間なく流れる河のようであって、
その活動は間断なく変り、
その形相因も千変万化し、
常なるものは殆んどない。
我々のすぐそばには
過去の無限と未来の深淵とが口をあけて居り、
その中にすべてのものが消え去って行く。
このようなものの中にあって、
得意になったり、
気を散らしたり、
または長い間ひどく苦しめられている者のように苦情をいったりする人間は
どうして愚か者でないであろうか。

小さな出来事
ひどく腹が立ったり
悲しかったりするときには、
人間の一生は短いこと、
まもなく我々は
みな墓に横たえられることを考えるがよい。

マルクス・アウレリウス・アントニヌスの
父方の出身地、属州ヒスパニア・バエティカ コルドバ
ローマ橋
b0217643_224788.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-16 22:50 | 心の使い方

2011/11/15 自省録6

【走った距離】  6.28km
【今月の累積距離】  120.53km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 20℃、最低 10℃
【体重】 64.9kg
【コース】
淀駅~会社
【コメント】
マルクス・アウレリウス・アントニヌス「自省録」のつづき

⑤仲良くする

人を憎み嫌うこと
隣の枝からきりはなされた枝は、
樹全体からもきりはなされずにはいられない。
それと同様に、
一人の人間から離反した人間は、
社会全体から落伍したのである。
ところが枝は他の者がこれをきりはなすのであるが、
人間のほうは、
隣人を憎み嫌うことによって自分で自分をその隣人からひきはなすのだ。
しかも彼はそうすると同時に
共同社会の全休からも自分を削除したことを知らないのである。

怒り
我々を悩ますのは彼らの行動ではなく、
これに対する我々の意見である。
それを除去せよ。
そして
その行動をわざわいと考えた君の判断を捨てる決心をせよ。
そうすれば君の怒りは消散するであろう。

自らの誤りと無知
真理によって損害を受けた人間の
あったためしはない。
これに反し
自己の誤謬と無知の中に留まる者こそ損害を蒙るのである。

ローマ コロンナ広場にある
マルクス・アウレリウスの記念柱。
頂上の像はマルクス・アウレリウスではなく聖パウロ。
b0217643_23372976.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-15 23:34 | 心の使い方

2011/11/14 自省録5

【走った距離】  0km
【今月の累積距離】  114.25km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 20℃、最低 10℃
【体重】 64.4kg
【コメント】
マルクス・アウレリウス・アントニヌス「自省録」のつづき

④心のコントロール

びくともしない
処生術は舞踊よりもレスリングに似ている。
なぜならそれは攻撃、しかも全く予期せぬような攻撃にたいしても用意して、
びくともせずにかまえていなくてはならないからである。

病気、困難
エピクーロス曰く
「私が病気だったとき、私の話は肉体の苦痛に触れることなく、
面会にくる人びとにも決してそういう話をしたことはなかった。
私は自然に関する学問の原理の探究を続け、
特につぎの問題に重点をおいた。
すなわち、いかにして精神は、肉体の中の動揺に参与しながら、
しかも動ずることなく自分自身の善きものを保って行くか、
ということである。」
更に彼がいうには、
「そして私は医者たちに、
彼らがなにかえらいことでもしでかしているかのように得意になる隙を与えず、
こうして私の生活は仕合せに、楽しくすぎて行った。」
君がもし病気になったら病気のときに、
また他のいかなる場合にもこの人にならうがよい。
なぜならいかなる困難に出遭おうとも哲学から離れぬこと、
および無知な者や自然の学問をわきまえぬ者のお喋りにつきあわないことは、
あらゆる学派に共通な原則である。
現在君のしていることにのみ身を入れ、
またそれをやる道具にのみ注意を向けよ。

現状満足
おおわが魂よ、
いつの日にか君は
善く、単純に、一つに、裸に、
君を包む肉体よりも鮮かになるのであろうか、
いつの日にか
愛情に満ちた優しい心ばえの味を知るようになるのであろうか。
いつの日にか
満ち足りて、何物をも必要とせず
何物にもあこがれず、
享楽のためにいかなる生物をも無生物をも欲せぬようになるのであろうか。
楽しみを長くするための時間を欲せず、
或る場所や或る土地や快適な気候や
気持のしっくりする人びとなどを欲せぬようになるのであろうか。
君の現状に満足し、
すべて現在あるものを喜ぶようになるのであろうか。
すべて現在君に与えられているものは
神々から来るものであり、
神々の善いと思うものこそ、
現在においても未来においても、
君にとって善いものであることを
自分で納得するようになるのであろうか。
またかの完全なる、善なる、正義なる、麗しき存在、
すなわち万物を産み、保ち、包容し、すべて分解するものを集め、
其処から他の同様なものを創り出す者を護るために、
神々がこれから与えようとするすべてのものも
やはり君にとって善いものであることを納得するようになるのであろうか。
いつの日にか
君は、神々および人々とともに同じ社会に住むにふさわしくなり、
責めもせず責められもせぬような存在になるのであろうか。

ローマ カンピドリオ広場の
マルクス・アウレリウス・アントニヌス騎馬像
b0217643_23182092.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-14 23:12 | 読書

2011/11/13 大阪マラソンの写真


【コメント】
オールスポーツコミュニティから大阪マラソンの写真のCDが届いた。
全140枚
参加者3万人すべてに同数の写真を撮ったとすると、
トータルで400万枚!
カメラマンは何人いたのだろうか?
b0217643_21543215.jpg


道頓堀
b0217643_21545226.jpg


歌舞伎座
b0217643_2155795.jpg


ゴール
b0217643_21552426.jpg


b0217643_21554133.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-13 21:56 | ランニング

2011/11/13 KRIEKでイングリッシュペールエール

【走った距離】  14.45km
【今月の累積距離】  114.25km
【ペース】 平均 5'32"/km、 最高 4'57"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 15℃、最低 21℃
【体重】 63.5kg
【コース】
鳥飼大橋~枚方新橋
JOG
【コメント】
先週の淀川市民マラソンに続き、
今週は大阪リバーサイドマラソン。
b0217643_19245498.jpg


b0217643_19251284.jpg


応援の後は55ishibashiさんとビアカフェ{KRIEK」へ。
第2日曜日は生ビールが500円。
ゲストビールのイングリッシュペールエールを2種類飲んだ。
ペールエールはイギリスの上面発酵ビール。
ロンドンのパブの味わい。

ペディグリー(グラスはフハールデン用)
b0217643_1926552.jpg


フラーズジャックフロスト(グラスはニュートン用)
b0217643_19262243.jpg


最後はフハールデン
b0217643_19263557.jpg


料理は「クリークの親子丼」
近江黒鶏とマッシュルームを生クリームと黒胡椒で仕上げた親子丼。
卵が美味しい。
b0217643_19264871.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-13 19:27 |

2011/11/12 ひらかた菊フェスティバル

【走った距離】  14.01km
【今月の累積距離】  99.8km
【ペース】 平均 5'29"/km、 最高 4'43"/km
【天気】 晴れ 
【気温】 最高 21℃、最低 14℃
【体重】 64.2kg
【コース】
鳥飼大橋~枚方新橋
ビルドアップ走
【コメント】
府知事の不在者投票のため枚方市役所に行く。
菊花展をしていた。
b0217643_2032371.jpg


日本には菊が似合う

大菊三段仕立て
b0217643_2032313.jpg


b0217643_2033838.jpg


懸崖
b0217643_20332742.jpg


菊人形
b0217643_20335137.jpg


b0217643_20341429.jpg


ハート形のトピアリー
b0217643_2036459.jpg


おまけ
昨年ベルギーのマーケットで見た菊
日本の栽培方法がヨーロッパにも取り入れられており、
面白いと思った。
b0217643_20441790.jpg



[PR]



by totsutaki2 | 2011-11-12 20:44

市民ランナーの市井の日常。 日々の出来事、感動を忘れないために
by TOTSUTAKI
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ランニング
心の使い方
うれしかったこと

読書
健康
映画
料理
ハイキング
音楽
旅行
未分類

ブログパーツ

メモ帳

最新のトラックバック

自省録
from 哲学はなぜ間違うのか
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
ハプスブルク家の悲劇 3..
from 投資一族のブログ

ライフログ

検索

最新の記事

2016/3/29 ブログ変..
at 2016-03-29 22:37
2016/3/27 ダイヤモ..
at 2016-03-27 21:01
2016/3/25 鳥せい本店
at 2016-03-25 22:59
2016/3/23 日本酒飲..
at 2016-03-23 20:30
2016/3/22 ブリュッ..
at 2016-03-22 23:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧